ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

薬理と治療(JPT)

1999年 27巻 増刊3号

全論文英文アブストラクト付 **英語論文

■特集/肝病態生理研究のあゆみ 第6回肝病態生理研究会 於:金沢

開会のことば

順天堂大

浪久 利彦

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s769


1.特発性門脈圧亢進症の病態把握における腹腔鏡像の意義
-臨床所見,画像所見との対比-

奈良県立医科大

植村 正人ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s777-81


2.C15O2吸入定常法によるポジトロンCT画像の表しているものは?
-H215O静注動態法による肝血流量との関連から-

京都府立医科大

谷口 弘毅ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s783-6


3.慢性肝疾患における超音波ドプラ法での門脈血行パラメーターの臨床的意義-ICG試験との対比-

鳥取大

孝田 雅彦ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s787-91


4. アルコール性肝疾患における肝血行動態の検討
-Color Doppler門脈血流量測定,肝血流シンチグラフィの対比-

関西医科大

是枝 ちづほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s793-8


5.肝硬変患者の脾腫について

京都府立医科大

山口 明浩ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s799-801


討論【1~5】

<司会>岡山済生会総合病院 糸島 達也

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s803-5


6.慢性肝疾患患者における頭部MRI T1強調画像淡蒼球高信号の病態

日本医科大

関山 達也ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s807-12


7.Magnetization Transfer Techniqueによる肝硬変症の大脳の評価

三重大

岩佐 元雄ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s813-5


8.炎症性腸疾患ラットモデルにおける肝細胞Tight Junctionの変化

久留米大

川口 巧ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s817-9


9.GVHDラットにおける肝細胞と胆管上皮のTight Junctionの変化

久留米大

笹冨 くるみほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s821-822


10.肝細胞癌におけるGap Junction(GJ)形成の意義について
-個体発生時と比較して-

京都府立医科大

村松 哲ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s823-6


【討論 6~10】

<司会>久留米大 向坂彰太郎

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s827-9


11.Concanavalin A誘発マウス肝炎の肝細胞障害重症度とサイトカイン産生能における性差の検討

旭川医科大

高本秀二郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s831-4


12.エンドトキシン血症時におけるNOと抗炎症性サイトカインの関連に関する研究

旭川医科大

河野 透ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s835-8


13.肝臓に対する一酸化窒素の影響 -ESR法による検討-

京都府立医科大

中嶋 俊彰ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s835-8


14.ビタミンAの肝線維化抑制作用

徳島大

清水 一郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s843-8


【討論 11~14】

<司会>広島大 田妻  進

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s849-50


15.肝癌細胞におけるPolyamine合成阻害剤Methylglyoxal bis(cyclopentylamidinohydrazone)(MGBCP)による“増殖抑制効果”の検討

三重大

橋本 康司ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s851-2


16.培養肝細胞に対するCysteineの作用
-細胞内Glutathione 枯渇時およびUDCA添加時の検討-

東邦大

石井 耕司ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s853-7


17.血中分枝鎖アミノ酸/チロシンモル比(BTR)を用いた特殊アミノ酸製剤投与効果の臨床的評価

三重大

川村のり子ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s859-61


18.再生肝におけるVEGF発現の検討

久留米大

谷口英太郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s863-5


【討論 15~18】

<司会>三重大 野口  孝

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s867-869


19.急性間歇性ポルフィリン症の遺伝子解析とFounder Effectについて

鳥取大

堀江 裕ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s871-5


20.HFEと関連しないヘモクロマトーシスの1例

名古屋大

矢野 元義ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s877-81


21.ATP7B遺伝子異常のCompound HeterozygoteによるWilson病の1日本人家系

北陸大

塩野 雄太ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s883-7


22.Alagille症候群の1家系の遺伝子解析

金沢大

佐藤 広隆ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s889-92


【討論 19~22】

<司会>大阪市立大 井上 正康

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s893


23.絶食後高ビリルビン血症の遺伝的背景

三重大

石原 知明ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s895-6


24.ビリルビンUDP-グルクロン酸転移酵素遺伝子のヘテロ接合体突然変異と酵素活性

滋賀医科大

伊藤 誠紀ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s897-9


25.体質性黄疸(Dubin-Johnson症候群)の遺伝子解析

佐賀医科大

梶原 進ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s901-5


26.Dubin Johnson症候群の1例

北陸大

涌澤 伸哉ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s907-8


【討論 23~26】

<司会>鳥取大 村脇 義和

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s909-10


27.新しい抱合型ビリルビン測定試薬と臨床応用

三重大

石原 知明ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s911-2


28.各種肝疾患時の抱合ビリルビン値測定の位置づけ

-総・直接ビリルビン値および総胆汁酸値との比較-

東京警察病院消化器センター

小貫 純一ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s913-8


29.Gilbert症候群の診断基準一考

三重大

石原 知明ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s919-20


30.原発性胆汁性肝硬変および原発性硬化性胆管炎における胆汁逆流経路

久留米大

向坂 彰太郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s921-2


討論【27~30】

<司会>東京大 吉田 晴彦

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s923-4


31.ファロイジンによる胆汁うっ滞時のマイクロゾーム・肝毛細胆管膜・胆汁中の脂質組成変化に関する基礎的検討

広島大

兵庫 秀幸ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s925-7


32.タウロケノデオキシコール酸サルフェートの胆汁中排泄に及ぼす胆汁酸抱合体,BSPの影響

帝京大

上垣 佐登子ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s929-32


33.ラット肝一次性能動輸送担体(Mrp3/MLP-2,P-gp)およびP450 Isozymeの培養肝細胞における誘導

東京大

小川 浩太郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s933-40


34.ラット胆管側膜上に存在する胆汁酸輸送担体(cbat)の基質認識特性に関する検討

東京大

佐藤 準人ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s941-7


35.胆汁排泄における薬物間相互作用の解析
-抗癌剤塩酸イリノテカン(CPT-11)およびその代謝物(SN-38)の胆汁排泄に及ぼす各種薬剤の影響-

東京大

堀川 雅人ほか

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s949-56


【討論 31~35】

<司会>東京大 杉山 雄一

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s957-9


●特別講演

Transport of organic anions across the hepatocyte canalicular membrane

Keppler D

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s961-4**


閉会のことば

三重大

足立 幸彦

Jpn Pharmacol Ther 1999 27(Suppl.3) s965