Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

日本臨床試験研究会雑誌
Jpop-VOICE
映像作品

「薬理と治療」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline

■月刊 薬理と治療・投稿規定■

本投稿規定は,ICMJE(医学雑誌編集者国際委員会)による「Recommendations for the Conduct, Reporting, Editing, and Publication of Scholarly Work in Medical Journals(Updated December 2015)」(「医学雑誌における学術研究の実施,報告,編集,および出版への推奨(2015年12月 改訂版)」)を尊重し,原則として採用しています。

(2018年1月改訂)

掲載論文

本誌はおもに下記の論文を掲載します。

①原著:医薬品,医療機器,食品等の非臨床試験論文・臨床試験論文。予防・治療に関する観察研究論文。

②総説:医薬品,医療機器,食品に関連した総説論文

③症例報告,短報など

④シンポジウム記録,座談会記録など

⑤レター(1,000文字,図表1点以内)

原稿の採否

複数の専門家によって査読されます。新規性があり,倫理的に問題がなく掲載に適すると編集委員会で判断された論文を掲載します。標準的な査読期間は約2〜3週間で,審査結果は速やかにお知らせし,採択後約 1 カ月で掲載されます。

掲載費用,別刷

編集委員会決定による依頼原稿以外の掲載論文は,規定により,ページ数に応じて掲載費用をご負担いただきます。

掲載誌2部と別刷20部を贈呈します。

原稿の形式

  1. 言語:和文,英文どちらも受け付けます。できるだけ英文抄録を付してください〔原著論文は必須(後述参照)〕。
  2. タイトルページ:上部に「原著論文」「総説」など,上記「掲載論文」のどの種類として投稿するかを明示の上,表題,著者名,所属を和文および英文で記載してください。
    <以下3)〜7)は原著論文に適用されます>
  3. 抄録:英文抄録(abstract)を添付してください。250 words以下を目安にした構造化抄録を推奨します。 構造化抄録は,基本的には以下の順序:背景(Background)または目的(Objectives),方法(Methods),結果(Results),結論(Conclusions)で記述してください。3〜5個のkey wordsも付してください。
  4. 本文:原則として「はじめに」「対象と方法(材料と方法)」「結果」「考察」「結論」「COI(研究費や試験薬剤の提供など利益相反がある場合には,関係した企業・団体名を明記)」「謝辞(必要あれば)」「文献」の順に記してください。
  5. 図表点数:原著論文における,図・表・写真の点数は原則として8点以内としこれを超える図表はAppendixとしてください。
  6. 臨床試験の報告は,「ヘルシンキ宣言」および「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文部科学省・厚生労働省)等の指針に従っていることとし,倫理委員会による承認(承認番号か承認日の記載)とインフォームドコンセントを文書で取得したことを必ず記載してください。また,臨床試験登録後に実施された試験を報告する際には,臨床試験登録番号(UMIN-ID等)を記載してください。
    国内の臨床試験登録システムには, UMIN-CTR(http://www.umin.ac.jp/),JapicCTI(http://www.clinicaltrials.jp/),JMACCT CTR(http://www.jmacct.med.or.jp/)があります。臨床試験の登録については,「津谷喜一郎ほか(訳).WHO 臨床試験登録データセット(Version 1.2.1,Version 1.3).薬理と治療 2017; 45: 1905−10.」を参考にしてください。
  7. 臨床試験の報告では,試験に関与した医師または研究者を著者に加えてください。
  8. 症例報告で患者情報の記載のあるものについては,患者のプライバシーに配慮し,個人情報を保護してください。また,必要に応じて患者,または患者が故人の場合は家族から論文掲載に関するインフォームドコンセントを文書で取得してください。
  9. 動物を対象とした論文は,関連するガイドラインに従って実施されたことを必ず記載してください。
  10. 図・表・写真:本文引用順に,図1,表1,写真1(内容が英文であればFig.1, Table 1, Photo.1)のように,図・表・写真それぞれの通し番号をつけてください。カラー(写真)掲載を希望の場合はその旨を原稿に明示し,印刷部分(トリミングなど)を指定してください。患者の写真を用いる場合は,患者,または患者が故人の場合は家族から,論文掲載に関するインフォームドコンセントを文書で取得することに加えて,個人が特定できないよう配慮してください。
  11. 人名,薬品名:人名は原則として原語を採用してください。薬品名は,タイトル・本文とも原則として一般名を使用してください。 商品名は,必要に応じて本文中に補ってください。
  12. 利益相反:研究費や試験薬剤の提供など利益相反がある場合には,関係した企業・団体名を本文に明記して下さい。

引用文献

文献は本文中の引用順に番号をつけ,以下の例に従いまとめてください。 著者は,最初の6名まで記載し,それ以上は「ほか(英文はet al.)」として省略してください。

<雑誌> 著者名.論文名:サブタイトル.誌名 発行年;巻数:通巻頁−頁.

荒川規矩男,佐々木淳,山本匡介,小堀祥三,上田正人,松永彰ほか.高脂血症患者における新規HMG-CoA還元酵素阻害薬BAY w 6228 (Cerivastatin)の長期投与試験.薬理と治療 1997; 25: 2513-29.

Azuma J. Phase I safety study of interferon alfacon-1 in healthy volunteers : pharmacodynamic response. Jpn Pharmacol Ther 1999 ; 27 : 451-60.

<書籍> 著者名.論文名.In:編者名.書名.版数(初版は不要).発行地(国内は不要):発行所;発行年.頁−頁.

折笠秀樹,上岡洋晴,津谷喜一郎訳. AMSTAR:システマティック・レビューの方法論的な質を評価するための測定ツールの開発. In:中山健夫,津谷喜一郎編著.臨床研究と疫学研究のための国際ルール集 Part2.ライフサイエンス出版;2016. p.148-55.

Phillips SJ, Whisnant JP. Hypertension and stroke. In: Laragh JH, Brenner BM, editors. Hypertension: pathophysiology, diagnosis, and management. 2nd ed. New York: Raven Press; 1995. p.465-78.

原稿送付

レターヘッドには,上記に示すどの種類の論文として投稿するかを(原著,総説など)明示し,代表著者名と連絡先および校正刷送付先,電話番号,FAX 番号などをお知らせください。
原稿は編集部宛に郵送かメール送信でお願いいたします。ご郵送いただいた原稿は原則として返却いたしません。

<原稿送付先>

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-1

ライフサイエンス出版(株)薬理と治療(JPT)編集部

TEL : 03-3664-7910   FAX : 03-3664-7734

E-mail : jpt@lifescience.co.jp  URL : http://www.lifescience.co.jp/

本誌の引用

本誌は,EMBASE(Excerpta Medica)ならびにChemical Abstract Service(CA)のスクリーニング対象誌に指定されています。

欧文誌に執筆の場合の引用文献には,本誌の国際文献登録略号 Jpn Pharmacol Therを使用してください。

その他

本誌に掲載される著作物の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,公衆送信権(送信可能化権)はライフサイエンス出版(株)が保有します。

掲載料・別刷料等についてはこちらをごらんください。

転載許諾についてはこちらをご覧ください。