ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

薬理と治療(JPT)

1998年 26巻 3号

*英文アブストラクト付

■治験のインフォームド・コンセントと説明文書のあり方(2)

【厚生科学研究(平成6年~8年度)適正な治験の実施方法に関する研究班より】

6) 治験のインフォームド・コンセントと被験者のメリットの工夫

大分医大 

中野 重行

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 231-8


7) 被験者への説明文のあリ方:臨床薬理学の立場から

聖マリアンナ医大

小林 真一

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 239-43


8) 被験者への説明文のあり方:看護婦の立場から

聖路加国際病院

井部 俊子

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 244-5


9) 被験者への説明文のあり方:抗悪性腫瘍薬の領域から

国立病院四国がんセンター 

江口 研二

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 246-50


10) 被験者への説明文のあり方:慢性関節リウマチ治療薬の領域から

聖マリアンナ医大

川合 眞一

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 251-4


11) 被験者への説明文のあり方:内科臨床医の立場から

社会保険中央総合病院

木村 哲

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 255-7


12) 同意取得時の説明文書について:治験依頼者として考えること

日本製薬工業協会医薬品評価委員会

小平 兵・松倉 裕而

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 258-62

■Japan Clinical Oncology Group(JCOG)の臨床安全性情報取扱いガイドライン

JCOG効果・安全性評価委員会

島田 安博ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 263-74

■ 薬理

リン酸カルシウム骨ペ一スト(CPC95)の生物学的安全性試験

三菱マテリアル

平野 昌弘也

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 275-85*


FTY720のラットにおける代謝物の単離,同定

吉富製薬

舩越 拓志ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 287-303*


アセキサム酸亜鉛(NAS-501)の実験寒冷ストレスおよび塩酸エタノール胃粘膜障害に対する予防効果

広島大学医学部

林 かおりほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 305-14*


妊娠期および授乳期のラットに投与された抗不整脈薬 Sotalol Hydrochlorideの育成児(F1)の行動に及ぼす影響

ブリストル・マイヤーズスクイブ

甲斐 修一ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 315-24*


ビタミンK2と血栓溶解剤との薬物相互作用(in vitro)

エーザイ

川島 英敏

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 325-30*


一般用医薬品として使用される各種消毒剤のウサギを用いた皮膚刺激性に関する比較検討

明治製菓

三野宮 文子ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 331-42*

■ 臨床薬理

高齢者におけるヒスタミンH2受容体拮抗薬ロキサチジンの体内動態の検討

京都府立医大

児玉 正ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 343-7*


開心術におけるニコランジル投与とその血中濃度

自治医大

三澤 吉雄ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 349-52*

■ 治療

慢性関節リウマチ,変形性膝関節症,腰痛症,手術後の疼痛に対するディスポーザブル注入軟膏剤ジクロフェナクナトリウム(OED25,50)の臨床評価

順天堂大

青木 虎吉ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 353-90*


ディスポーザブル注入軟膏剤ジクロフェナクナトリウム(OED25,50)の製剤学的検討

聖マリアンナ医大東横病院

柳川 忠二ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 391-7


採皮創に対するソーブサン(アルギン酸カルシウム繊維)の使用経験

関西医大

久徳 茂雄ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 399-408*


整形外科領域におけるリン酸カルシウム骨ペ一スト(CPC95)の臨床評価

高知医大

山本 博司ほか

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(3) 409-29*