ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

薬理と治療(JPT)

2007年 35巻 12号

■ ORIGINAL ARTICLES

組換えヒト可溶型トロンボモジュリン(ART-123)の生殖発生毒性試験
─ラットにおける静脈内投与による胎児の器官形成期投与試験─

旭化成ファーマ(株) 高橋 弘樹ほか

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1173-99


組換えヒト可溶型トロンボモジュリン(ART-123)の生殖発生毒性試験
─カニクイザルにおける静脈内投与による胚・胎児発生への影響に関する試験─

(株)新日本科学 尾根田 暁ほか

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1201-9


組換えヒト可溶型トロンボモジュリン(ART-123)の生殖発生毒性試験
─ラットにおける静脈内投与による周産期および授乳期投与試験─

旭化成ファーマ(株) 高橋 弘樹ほか

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1211-26


APt231の毒性試験
─ラットを用いた13週間反復経口投与毒性試験─

(株)ボゾリサーチセンター 石田 茂ほか

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1227-40


Effect of repeated consumption of diacylglycerol oil on total and dietary fat oxidation in healthy subjects

M. Hibi, et al.

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1241-8


「ラクトトリペプチド(VPP,IPP)」を含有するタブレットの長期摂取が正常高値血圧者および軽症高血圧者に及ぼす影響

カルピス(株) 石田 優ほか

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1249-60


ランダム化二重盲検試験によるサーモンペプチド配合飲料長期摂取時の血圧降下作用および安全性の検討

(株)ニチロ 江成 宏之ほか

Jpn Pharmacol Ther 2007 35(12) 1261-77