Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
2004年 2号
第5回日本骨粗鬆症学会シンポジウム1
「骨代謝マーカーを用いた骨粗鬆症治療の効果判定ー骨密度から骨折予測までー」
骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用
ガイドライン(2004年度版)
p11-27
閉経後女性における骨代謝マーカーの生物学的変動と
最小有意変化の検討
p29-33
中塚 喜義他
(大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学)
(日本イーライリリー株式会社
リリーリサーチラボラトリーズジャパン)
骨代謝マーカー測定値の施設間差・変動について p34-38
市村 正一他
(杏林大学医学部整形外科)
骨代謝マーカーによるアレンドロネートの
治療モニタリング
どの程度評価可能か
p39-44
三木 隆己他
(大阪市立大学大学院医学研究科
老年内科学)
HRTと関連薬剤 p45-51
茶木  修
(横浜市立大学医学部産婦人科)
閉経後婦人の骨折予後判定における
骨代謝マーカーの意義
p52-55
白木 正孝
(成人病診療研究所)
男性の骨代謝マーカーの測定値について p56-58
福永 仁夫他
(川崎医科大学放射線医学(核医学))
日本骨粗鬆症学会教育講座 CASE STUDYシリーズ(4)
骨粗鬆症性椎体骨折のごく初期では
X線像による診断は難しい
p59-66
中野 哲雄
(公立玉名中央病院 副院長)
第5回日本骨粗鬆症学会 一般演題Highlight
Teprenone(GGA)とエチドロネート(EHDP)の
併用が 閉経後骨量低下婦人の骨代謝と
血中EHDP濃度に与える影響
p69-72
新谷 雅史他
(奈良県立三室病院産婦人科)
C型ナトリウム利尿ペプチドは軟骨形成不全症の
モデルマウスの骨量を 維持したまま
骨伸長障害を改善する
p73-76
八十田明宏他
(京都大学大学院臨床病態医科学)
成長期の骨評価値とPeak Height Velosityに関する
検討
p77-83
黒澤 幸男他
(財団法人東京都予防医学協会)
新規破骨細胞由来酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ
(TRACP5b)活性免疫測定キットの開発と
その基礎検討
p84-87
三浦 俊英他
(日東紡バイオケミカル研究所)
原発性副甲状腺機能亢進症患者での
副甲状腺摘出術後の骨量変化の予測における
骨代謝マーカーの有用性
p88-91
野村利可子他
(神戸大学大学院医学系研究科内分泌代謝・ 神経・血液腫瘍内科)
閉経後骨密度減少に対する低用量
Hormone Replacement Therapy(HRT)の効果と
活性型ビタミンD3併用の効果について
p 92-94
白木 正孝
(成人病診療研究所)
健常中高年女性における腰椎骨密度10年間の変化に
及ぼす体格およびライフスタイルの影響
−閉経状態別検討−
p95-99
小板谷典子他
(日本女子大学食物学科)
Fast Bone Loserの骨密度の推移とその転帰 p100-103
吉村 典子他
(和歌山県立医科大学公衆衛生学教室)
アレンドロネート治療による
踵骨超音波法パラメーターの経時的変化
p104-107
冨吉 泰夫他
(大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学)
単純X-Pのみでは新鮮脊椎骨折の部位診断は難しい p108-110
鈴木 健司他
(静岡医療福祉センター児童部)
破骨細胞に対するゲラニルゲラニルアセトンの作用 p111-114
南家 由紀他
(東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター内科)
地域高齢者における転倒と転倒恐怖感についての研究
−要介護予防のための包括的健診
(「お達者健診」)調査より
p115-118
鈴木 隆雄他
(東京都老人総合研究所疫学・福祉・政策研究グループ)
青少年期における身体の発達と
超音波踵骨骨梁測定装置による踵骨骨密度との関係
p119-123
野原 隆彦他
(島根大学保健管理センター出雲)
片麻痺患者の不全麻痺側下肢での局所動脈硬化進展に及ぼす骨量喪失の検討 p124-128
岡部 玲子他
(大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学)
グルココルチコイドの皮質骨構造への影響と
脊椎脆弱性における皮質骨因子の関与は
閉経前後で異なる
p129-132
山内 美香他
(神戸大学大学院医学系研究科
内分泌代謝・神経・血液腫瘍内科)
第5回日本骨粗鬆症学会サテライトシンポジウム
「ステロイド性骨粗鬆症の薬物療法」
ステロイド性骨粗鬆症発症の分子機構 p137-140
大中 佳三他
(九州大学大学院医学研究院老年医学)
膠原病患者におけるステロイド性骨粗鬆症発症の
一次予防の検討
p141-143
岡田 洋右他
(産業医科大学医学部第一内科)
関節リウマチとステロイド性骨粗鬆症 p144-149
中山 久徳
(国立相模原病院リウマチ科)
ステロイド性骨粗鬆症―診断・治療ガイドライン
における最近の知見−
p150-153
田中 郁子
(藤田保健衛生大学医学部臨床検査部)
(国立長寿医療センター研究所・
長寿脳科学研究部)
日本骨粗鬆症学会 教育講座 臨床医のための骨粗鬆症Q&A(4)
栄養摂取(2)カルシウム p155-158
桐山  健
(諫早そよかぜクリニック)
日本骨粗鬆症学会 教育講座 転倒予防シリーズ(4)
「転倒予防」の根づかせ方あれこれ P159-166
林券史
(東京都老人医療センター院長)
齊藤 真紀,下田 知恵
(長岡市福祉保健部健康課)
萩野  浩
(鳥取大学医学部附属病院
リハビリテーション部助教授)
武田 順子
(川崎市多摩区役所保健福祉センター地域保健福祉課保健師)
和田  恵
(医療法人社団土合会介護老人保健施設
「シオン」療養サービス部理学療法士
第4回東京女子医科大学骨・カルシウム・ホルモン代謝研究会
高リン血症により誘導されるヒト副甲状腺細胞の
増殖機序の基礎検討
−第2報:cDNA microarrayを用いての検討−
P169
中島貴志子他
(東京女子医科大学内分泌センター内科)
精神運動発達遅滞と高TSH血症を認め,
甲状腺ホルモン不応症が疑われた兄弟例
P170
荘司 貴代他
(東京女子医科大学小児科)
関節リウマチにおける骨代謝マーカーの意義 P171
桃原 茂樹他
(東京女子医科大学附属膠原病
リウマチ痛風センター関節外科)
RAにおける関節破壊の進行と
RANK/RANKL/OPG/IL-17遺伝子多型との検討
P172
古谷 武文他
(東京女子医科大学附属膠原病
リウマチ痛風センター内科)
不明熱と関節痛を主訴とし診断に苦慮した
長期透析の 1症例
P173
鈴木 大輔他
(東京女子医科大学第四内科)
骨量減少(Osteopenia)における早期薬物的介入の是非に関する検討 P174
岡野 浩哉他
(東京女子医科大学産婦人科)
骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折患者における
VDRおよびER遺伝子多型性の検討
P175
東義  洋他
(東京女子医科大学整形外科)
ビタミンDと骨 P176
須田 立雄
(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター
副所長/病態生理部門教授)
第2回臨床骨代謝フォーラム
骨代謝マーカーの臨床応用とその課題 P183
市村 正一
(杏林大学整形外科)
関節リウマチ患者の骨粗鬆症の臨床的実態とその治療 P184
中山 久徳
(国立相模原病院リウマチ科)
EBMに基づく最新の骨粗鬆症の診断と治療
−ステロイド性骨粗鬆症を含めて−
P185
宗圓  聰
(近畿大学医学部奈良病院
整形外科・リウマチ科)
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
Efficacy of Alendronate (Bonalon)
in Improving the Quality of Life
of Elderly Japanese Patients with Primary Osteoporosis
P189−196
Hiroyuki Ohbayashi, et al
(Department of Internal Medicine,JA Gifu Tohno-Kousei Hospital,Gifu)
ステロイド療法の合併症に関する医師の意識と管理状況
−ステロイド骨粗鬆症の
リスクマネージメントの重要性−
P197−203
紅林 昌吾他
(大阪大学大学院医学系研究科
分子病態内科)