Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
2004年 1号
座談会
エチドロネートによる骨粗鬆症治療の現状と展望 p5-14
高岡邦夫他
(大阪市立大学大学院医学研究科
整形外科学)
日本骨粗鬆症学会 教育講座 CASE STUDYシリーズ(3)
日常診療で出会う骨粗鬆症への対処法 p15-22
白木 正孝
(成人病診療研究所)
第5回日本骨粗鬆症学会 特別講演
骨形成促進による骨粗鬆症の治療に向けた
新たな展開
p29-33
松本 俊夫
(徳島大学大学院医学研究科生体情報
内科学)
Vitamin D and Muscle Function:
Effects of Vitamin D on Falls as an Aspect of Vitamin D Therapy in the Elderly
p34-37
Michael Pfeifer他
(Institute of Clinical Osteology“Gustav Pommer ”and Clinic“DER FURSTENHOF”,Bad Pyrmont ,Germany)
高齢社会における骨粗鬆症,そして医療経済との
かかわり
p38-42
林 先生
(東京都老人医療センター)
第5回日本骨粗鬆症学会 シンポジウム3 男性ホルモンと骨
男性ホルモンの骨量維持作用
−男性ホルモン受容体欠損マウスの解析−
p45-48
河野 博隆
(東京大学医学部整形外科)
女性ホルモン受容体遺伝子改変動物の骨における
雌雄差
p49-56
井上  聡
(東京大学大学院医学系研究科
加齢医学講座)
副腎アンドロゲンと骨代謝 p57-61
後藤 公宣
(九州大学大学院医学研究院
病態制御内科学)
男性骨粗鬆症の診断基準 p62-65
曽根 照喜他
(川崎医科大学核医学)
男性骨粗鬆症の多様性 p66-69
白木正孝
(成人病診療研究所)
日本骨粗鬆症学会 第5回学会賞受賞演題
超音波骨量測定値による骨折予知
−骨密度による予知との比較−
p73-75
藤原佐枝子
(放射線影響研究所臨床研究部)
高齢者を中心とする日本人成人女性の
ビタミンD栄養状態と骨代謝関連指標について
p76-79
岡野登志夫他
(神戸薬科大学衛生化学)
日本骨粗鬆症学会 第5回奨励賞受賞演題
関節リウマチに伴う破骨細胞形成・活性化における
T細胞の役割
p83-88
小竹  茂 
(東京女子医科大学膠原病リウマチ
痛風センター内科)
骨粗鬆症新鮮椎体骨折のMRIによる診断とX線像の
経過観察による診断の異同
p89-90
中野 哲雄
(公立玉名中央病院整形外科) 
日本骨粗鬆症学会 教育講座 臨床医のための骨粗鬆症Q&A(3)
栄養摂取(1)ビタミンD p91-94
岡野登志夫他
(神戸薬科大学衛生化学研究室)
日本骨粗鬆症学会 教育講座 転倒予防シリーズ(3)
「転ばないからだづくり」と
「安全な住まいづくり」のコツ
P95-102
林 先生
(東京都老人医療センター),
武藤 芳照 
(東京大学大学院教育学研究科身体教育学講座)他
第51回 関西カルシウム懇話会
Studies on in Vitro Evaluation Method of Bone Anabolic Effect:
Protection from Pi-induced Apoptosis
P105
Akio Shimokawa他
(Department of Pharmacology,Faculty of Pharmaceutical Sciences,Setsunan University)
Negative Correlation between Bone Strength and Mineral(Calcium, Phosphorus, Magnesium, Zinc) Concentrations in Bone of Male and Female "Minko Rats" ? P106
Ryuji Takeda他
(Graduate School of Medicine, Kyoto University)
Effect of 50% Restricted Diet on Mineral Status in Bone of "Minko Rats" P107
Ryuji Takeda他
(Graduate School of Medicine, Kyoto University)
PTH (1-34) Potentiates BMP2-Primed Maturation of Osteoblasts by cAMP Signaling via Epac-ERK Pathway P108
Ryo Fukuyama他
(Department of Pharmacology,Faculty of Pharmaceutical Sciences,Setsunan University)
Functional analysis of Megalin by Utilizing Recombinant Protein of Soluble Receptor Associated Protein (RAP) P109
Y. Hashimoto他
(Department of Environmental Medicine, Osaka Medecal Center & Research Institute for Maternal & Child Health)
A Case of Primary Hyperparathyroidism with Severe Hungry Bone, the Improved Brown Tumor and the Great Changes in Bone Mineral Density and Geometry after Parathyroidectomy P110
Mei-Fway Iu他
(Division of Endocorinology/Metabolism,Neurology and Hematology/Oncology,Kobe University Graduate School of Medicine)
Increased Circulating Level of FGF-23 in Patients with McCune-Albright Syndrome P111
Takehisa Yamamoto他
(Departments of Pediatrics Minoh City Hospital)
The Analysis of Relationship between Osteoporosis and Normal on Quality of Life (QOL) by SF-36 in Postmenopausal Japanese Women P112-113
Masafumi Shintani 他
(Department of Obsterics and Gynecology,Nara Prefectural Mimuro Hospital)
Bone Mineral Density in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus P114
Takafumi Majima他
(Department of Endocrinology and Metabolism,RakuwaKai Otowa Hospital)
Relationship between Vitamin D Status and Plasma Parathyroid Hormone Level in Healthy Japanese Women;
Evaluation of Age-related Vitamin D Requirements
P115
Naoko Tsugawa他
(Department of Hygienic Sciences,Kobe Pharmaceutical University)
Clinical Effect of Parcutaneous Maxacalcitol Injection Therapy On Advanced Secondary Hyperparathyroidism
−The Predictive Value of Whole PTH Assay−
P116
Yoshiyuki Hanba他
(Center of Blood Purification Therapy,Wakayama Medical University)
第50回 関西カルシウム懇話会
Identification of the Genes Involved in Chondrogenic Differentiation by Gene Trap Method:
The Second Report
P117
Takayuki Uchihashi他
(Department of Environmental Medicine,Osaka Medical Center and Research institute for Maternal and Child Health)
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
閉経後骨粗鬆症における血清 I 型プロコラーゲンN末端プロペプチド(PINP)の測定
―エチドロネート周期的間歇治療における効果判定能―
P121-128
三木 隆己
(大阪市立大学大学院医学研究科
老年内科学)
アレンドロネートの骨粗鬆症・変形性脊椎症および膝関節症による疼痛に対する効果について P129-133
藤田 拓男
(神戸大学名誉教授) 
高齢者の大腿骨頸部骨折両側例の検討 P135-141
大数加光治他
(東京都老人医療センター整形外科)
骨粗鬆症患者のQOLと脊椎可動性の関連 P143-146
宮腰 尚久
(秋田大学医学部整形外科)