Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
1999年 2号
第7回日本骨粗鬆症研究会シンポジウムII 骨粗鬆症の薬物治療−あなたの治療は?-
提示症例およびアンケート結果 p6-11
提示症例アンケート結果の総括 p11-13
森  諭史
(香川医科大学整形外科)
 1.骨粗鬆症治療におけるHRTの位置づけと適応・治療期間    p14-18
五来 逸雄
(横浜市立大学医学部産婦人科)
 2.骨粗鬆症健診後精査紹介を受ける立場から p19-24
岡本 純明
(三洋骨粗鬆症研究所)
 3.骨粗鬆症薬物療法のBased Evidence
 −治療薬の選択と効果判定−
p25-28
白木 正孝
(成人病診療研究所)
 4.椎体骨折治療のコストと有用性 p29-33
萩野  浩
(鳥取大学医学部整形外科学教室)他
 5.大腿骨頸部骨折後の治療をどうするか p34-38
遠藤 直人
(新潟大学医学部整形外科)他
シンポジウム座長として p39-42
岡本 純明
(三洋骨粗鬆症研究所)
第7回日本骨粗鬆症研究会  一般演題Highlight
中高年女性の骨密度に対する筋厚等の影響 p47-49
塚原 典子
(日本女子大学家政学部食物学科)他
日本と中国・内モンゴル自治区の
有経女性における骨代謝マーカー
p50-55
西野 治身
(富山県衛生研究所環境保健部)他
エチドロネート周期的間歇治療における骨代謝マーカーの検討 p56-59
北谷香代子
(仁真会白鷺病院)他
骨粗鬆症診断基準値を用いた同一対象における
各種骨量測定間および骨量測定と超音波測定間の
診断一致率の検討−年代別検討も加えて−
p60-63
高田 政彦
(滋賀医科大学放射線科)他
pQCT装置を用いた脛骨骨量の左右差に関する検討 p64-67
今井 義之
(川崎医科大学核医学)他
地域高齢者の身体機能と転倒発生に関する4年間の追跡研究 p68-70
鈴木 隆雄
(東京都老人総合研究所疫学部門)他
重心動揺計による易転倒性の定量評価の試み p71-73
山崎  薫
(浜松医科大学整形外科)他
成長期ラットの骨量および骨代謝調節に対する
自由運動およびグルコース付加の効果
p74-77
麻見 直美
(日本女子大学家政学部食物学科)他
原発性副甲状腺機能亢進症における
病的副甲状腺摘出後の骨量回復率の検討
p78-81
中岡 大樹
(神戸大学医学部第三内科)他
大腿骨頸部骨折患者の骨萎縮度の検討
−40年前の骨折症例との比較−
p82-85
萩野  浩
(鳥取大学医学部整形外科学教室)他
第2回ビスフォスフォネート研究会
はじめに p89
井上 哲郎
(浜松医科大学名誉教授)
アジュバント関節炎ラットにおけるEHDPの作用 p91-96
西角 文夫
(住友製薬総合研究所)
ラット卵巣摘出骨粗鬆症モデルに対するIncadronateの作用 p97-102
福島 慎二
(山之内製薬株式会社創薬研究本部薬理研究所)
ビスフォスフォネートの分子作用メカニズムと
癌の骨転移治療への応用
p103-112
米田 俊之
(大阪大学歯学部生化学講座教授)
第9回 婦人科骨粗鬆症研究会
序文 p117
武谷 雄二
(東京大学医学部産科婦人科)
骨形成過程におけるエストロゲンとIGF-Iの
作用についての検討
p119-120
佐道 俊幸
(奈良県立医科大学産科婦人科学教室)他
テストステロンの骨塩量への影響に関する検討 p121-123
野口 慎一
(鹿児島大学医学部産婦人科)他
超音波法踵骨SOS,BUAと
抑うつ傾向・血中コルチゾールの関係
p124-126
志賀 令明
(福島県立医科大学看護学部)他
DXA法踵骨BMDと抑うつ傾向・血中コルチゾールの関係 p127-129
阿原 美生
(秋田大学大学院教育学研究科)他
卵摘後婦人における骨吸収とカルシトニンおよび
副甲状腺ホルモン(PTH)の相関について
p130-132
橋本 和法
(九州大学医学部婦人科産科)他
閉経女性の末梢血単球ビタミンD1α位水酸化酵素について p133-135
上村 茂仁
(岡山大学医学部産婦人科)他
若年女子水泳選手の骨量について p136-138
岡野 浩哉
(群馬大学医学部産科婦人科学)他
妊娠・授乳の骨代謝に対する影響の検討 p139-140
本多  晃
(新潟大学医学部産科婦人科学教室)他
産褥期における骨密度の経時的変化と骨代謝パラメーター p141-145
黒木  妙
(愛知医科大学産婦人科学教室)他
有経成人女性におけるライフスタイルと骨塩量の関係 p146-148
深見 知之
(日生病院産婦人科)他
人間ドック婦人における骨粗鬆症の検診成績 p149-150
金子 尚仁
(公立学校共済組合東北中央病院産婦人科)他
閉経後女性の骨密度経年変化についての研究
−Fast Loserの特徴を含めて−
p151-153
白木由美子
(成人病診療研究所)他
ビタミンDレセプター遺伝子の多型性と
活性型ビタミンD3による骨密度増強効果との関連性について
p154-156
富田 雅俊
(新潟大学医学部産科婦人科学教室)他
脊椎圧迫骨折とエストロゲンレセプター
遺伝子多型との関連について
p157-159
小林 範子
(北海道大学医学部産婦人科教室)他
閉経女性の骨塩量と
アポリポ蛋白E遺伝子多型の関連性について
p160-162
児玉 一郎
(広島大学医学部産科婦人科学教室)他
ホルモン補充療法施行時の骨代謝動態 p163-165
藤田 善子
(獨協医科大学産科婦人科)他
骨減少症ならびに骨粗鬆症に対する
エストロゲン・プロゲスチンの連日投与法と隔日投与法の比較−血中エストラジオール濃度との関係−
p166-167
安井 敏之
(徳島大学医学部産科婦人科)他
HRTの骨量に対するResponseに
影響を及ぼす要因についての検討
−年齢,体格,閉経後期間,骨量との関係を中心に−
p168-169
牧田 和也
(慶應義塾大学医学部産婦人科学教室)他
長期HRT施行例における骨量の変化 p170-171
宮本 純孝
(群馬大学医学部産婦人科)他
当科における骨量減少者の長期治療成績 p172-174
長谷川 徹
(富山医科薬科大学産科婦人科学)他
閉経後骨粗鬆症患者の骨密度および骨代謝に対する
ホルモン補充療法とエチドロン酸二ナトリウム併用の
有用性に関する検討
p175-176
古恵良桂子
(九州大学医学部産婦人科)他
HRTノンレスポンダー例に対するHRT+EHDPの効果 p177-178
新谷 雅史
(奈良県立三室病院産婦人科)他
ビスフォスフォネート治療における骨代謝 p179-181
渡辺 礼子
(獨協医科大学産科婦人科学教室)他
骨粗鬆症患者に対する
エチドロネート併用療法の有用性の検討
p182-183
松下  宏
(新潟大学医学j部産科婦人科学)
閉経後骨粗鬆症に対する
エチドロネートと他剤との有用性の比較
p184-186
鈴木  勉
(公立富岡総合病院産婦人科)他
大腿骨頸部に対する活性型VD3,E3・VD3,HRT
およびHRT・VD3療法の結果
−閉経後経過年数,血中E2濃度の影響について−
p187-189
草薙 鉄也
(札幌鉄道病院産婦人科)他
原発性骨粗鬆症の女性ホルモン補充療法ならびに
ビタミンD併用療法における短期的腰椎骨塩量変化と
骨代謝マーカーについて
p190-192
岩沖 靖久
(厚生連吉田総合病院産婦人科)他
当科における長期HRTによる骨塩量に対する効果の検討 p193-196
森重健一郎
(大阪大学医学部産科婦人科)他
<特別講演>
骨吸収・骨形成の超微形態 −骨粗鬆症の理解を求めて−
p197-201
阿部 和厚
(北海道大学大学院医学研究科生体機能構造学講座)
第9回婦人科骨粗鬆症研究会ランチョンセミナー
骨粗鬆症の診療の手がかり
−骨代謝マーカーの現状と遺伝子マーカーの可能性−
p205-212
細井 孝之
(東京都老人医療センター内分泌科)
ORIGINAL ARTICLES
骨粗鬆症の診断と治療に関する調査 p213-225
西沢 良記
(大阪市立大学医学部第二内科)
骨粗鬆症における内服剤(グラケー)と
注射剤(エルシトニン注20S)併用療法の検討
p227-233
川上 和夫
(医療法人社団江東病院整形外科)他