Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
1999年 1号
図でみる骨粗鬆症‘99
序説.高齢者の健やかな生活のために p7
井上 哲郎
(浜松医科大学名誉教授)
 1.高齢社会の実態 p8-9
林先生
(東京都衛生局)
 2.骨粗鬆症人口の推定
  −骨粗鬆症の治療に関するガイドラインより:
  日本骨代謝学会診断基準における成績を基準と
  した推定−
p10-11
山本 逸雄 
(滋賀医科大学放射線科)
 3.骨密度の地域差
  −和歌山県の山村,漁村におけるコホート調査より−
p12-13
吉村 典子
(和歌山県立医科大学公衆衛生学教室)他
 4.大腿骨頸部骨折の発生状況 p14-15
萩野  浩 
(鳥取大学医学部整形外科)
 5.大腿骨頸部骨折の予後 p16-17
谷澤 龍彦
(新潟大学医学部整形外科)他
 6.脊椎骨折の発生状況 p18-19
藤原佐枝子
(放射線影響研究所臨床研究部)
 7.転倒の発生状況およびその危険因子 p20-21
鈴木 隆雄
(東京都老人総合研究所疫学部門)
 8.骨粗鬆症の危険因子 −栄養,運動と骨量など− p22-23
森  諭史
(香川医科大学整形外科)
 9.骨粗鬆症とカルシウム摂取量 p24-25
江澤 郁子
(日本女子大学家政学部食物学科)
第4回 骨ドック・健診研究会
骨粗鬆症におけるDigital Image Processing
(DIP)法による手中節骨測定の有用性について
−中手骨との比較−
p35-36
高田 政彦
(滋賀医科大学放射線科)他
CXD法におけるm-BMDとr-BMDの検討 
−脊椎椎体骨折との関連について−
p37-39
田中  聡
(藤間病院整形外科)他
横浜市骨粗鬆症予防事業における低骨密度群に関する検討 p40-41
明間 勤子
(横浜市総合保健医療センター)他
重症心身障害者における骨量検診の意義
−日照と関連した骨代謝マーカーの検討−
p42-44
渡邉加津子
(別府発達医療センター)他
飲料水中のカルシウム濃度と骨量との関係 p45-47
吉田 英世
(東京都老人総合研究所疫学部門)他
北海道浜益村における骨粗鬆症検診(第2報) p48-50
酒井 俊明
(北海道清田整形外科病院)他
青森県における成人女性の骨粗鬆症検診 p51-54
岩崎 哲也
(弘前大学医学部整形外科)他
過去4年間の骨健診の経験から p55-56
中島 育昌
(山梨医科大学整形外科学教室)他
骨量検査受診者の生活習慣の変化 p57-58
高岡 啓子
(大阪市環境保健局保健部保健指導課成人保健係)他
骨健診における踵骨測定の注意点
−変形性膝関節症が踵骨骨量に与える影響−
p59-61
岡野 邦彦
(長崎大学医学部整形外科)他
当科における骨粗鬆症検査と治療法についての検討 p62-64
小石 清子
(湖北総合病院産婦人科)他
骨検診における握力測定の有用性 p65-67
山崎  薫
(浜松医科大学整形外科)他
小児期〜思春期における脛骨超音波伝播速度の
年齢別変化とカルシウム摂取量・運動量の検討
p68-71
守分  正
(岡山大学医学部小児科)他
思春期前期の児童の生活と橈骨骨密度に関する検討 p72-73
吉川由希子
(市立名寄短期大学看護学科)他
若年婦人の前腕骨密度とその関連因子について p74-76
有松  操
(鹿児島純真女子大学看護学部)他
授乳期の母親の骨密度 p77-78
白垣 陽子
(東京都中野区保健所)他
産褥期の腰椎骨密度検診について p79-81
岩沖 靖久
(厚生連吉田総合病院産婦人科)他
40歳未満の成人女性に対する骨粗鬆症検診の経験と問題点 p82-83
山本 智章
(信楽園病院整形外科)他
若年女子スポーツ選手のメディカルチェックにおける
骨密度測定意義
−Female Athletes Triadの観点から−
p84-86
辻  秀一
(北里研究所病院スポーツクリニック内科)他
若年成人女性および褥婦骨量測定スクリーニング p87-89
穴井 孝信
(大分医科大学看護学科)他
褥婦骨密度測定の意義 p90-91
本多  晃
(新潟大学医学部産科婦人科学教室)他
骨粗鬆症検診の現状と今後の課題 p92-100
橋本  勉
(和歌山県立医科大学公衆衛生)他
第7回 日本骨粗鬆症研究会イブニングセミナー
Undercarboxylated Osteocalcinの測定法と
その意義
p103-106
三浦 雅一
(三菱化学BCL研究開発部)
骨粗鬆症治療薬の薬効確認はいかにすべきか
 −ビタミンK2を中心として−
p107-115
白木 正孝
(成人病診療研究所)