Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
がんと向き合うアンケート
統合失調症と向き合うアンケート

映像作品

■治療学・バックナンバー■

1999年 33巻 12号
個体差と疾患
HLA,ゲノムの多型性と医療への応用
■ 序説
個体差を考慮した医療をめざして 岩本愛吉
■ 総説
HLAに基づく個体差
 1)多型性の分子基盤 涌井美紀・徳永勝士
 2)自己免疫疾患とHLA 大久保光夫・前田平生
 3)HLAとHIV感染症 深田勝彦・滝口雅文
 4)HLAと慢性C型肝炎 中村郁夫・井廻道夫
ゲノム多型性に基づく個体差と疾患
 1)癌 新村和也・横田 淳
 2)アルツハイマー病 山崎恆夫・井原康夫
 3)血液疾患 東條有伸
 4)血栓症 宮田敏行
 5)生活習慣病−高血圧 勝谷友宏・荻原俊男
 6)生活習慣病−糖尿病 谷澤幸生・岡 芳知
 7)生活習慣病−高脂血症 原 眞純・塚本和久
 8)生活習慣病−肥 満 益崎裕章・中尾一和
 9)HIV感染症 塩田達雄
老化と個体差 星野洋一・永井良三
個体差と治療学
 1)HLAと骨髄バンク 田中秀則・赤座達也
 2)個体差をどう超えるか 別宮好文
 3)薬物動態 澤田康文
■ 座談会
ゲノム情報と個体差
司会)岩本愛吉  十字猛夫・中村祐輔・鎌谷直之
■ 治療の歴史
血液型と輸血 高橋孝喜
■ DI室Q&A
免疫抑制薬の体内動態と個体差 厚見雅子
■ suggestion
稀少遺伝病の遺伝子診断サービスは誰が続けていくのか? 松原洋一
治療関連白血病と遺伝子多型性 直江知樹
ポジショナルクローニングの有用性と遺伝子診断・治療の問題点 小林圭子
EBウイルス感染症の診断 高田賢蔵
リンパ腫患者の経過観察中に着目すべき検査値:
基準値内の異常値
川西慶一
総目次(vol.33 no.1〜12)
治療学/特集案内・次号予告