Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
がんと向き合うアンケート
統合失調症と向き合うアンケート

映像作品

■治療学・バックナンバー■

1999年 33巻 11号
Interventional Radiology
望まれるチーム医療の推進
■ 序説
IVRとチーム医療 坂本 力
■ 総説
動静脈疾患のIVR
 1)下肢動脈の狭窄・閉塞の治療 久保田 靖・吉川公彦
 2)腎動脈狭窄の治療 成松芳明
 3)ステントグラフトによる大動脈瘤の治療 眞田順一郎・松井 修
 4)大静脈系のステント治療 岸 和史・佐藤守男
 5)透析シャント狭窄のPTA 日野一郎
悪性腫瘍の治療
 1)肝細胞癌のTAE 岡崎正敏
 2)リザーバーを用いた動注化学療法 荒井保明
止血
 1)外傷による出血のTAE 岡本英明・中島康雄
 2)消化管出血の診断とIVR 青木 茂
門脈圧亢進症のIVR
 1)胃食道静脈瘤の塞栓術とTIPS 甲田洋一・中村健治
 2)IVRに役立つ静脈解剖 衣袋健司
非血管系のIVR
 1)CTガイド下生検とドレナージ 築山俊毅
 2)悪性胆道閉塞の治療 齋藤博哉
■ 座談会
Interventional Radiologyの現状と将来
(司会)古井 滋  坂本 力・岡崎正敏・林 茂樹
■ 症例
静脈血栓症に対する経カテーテル血栓除去術 山内禎祐
GDCを用いた脳動脈瘤塞栓術の症例 牧田幸三
気管支閉塞に対するステント留置の症例 谷川 昇・澤田 敏
■ 新しい治療
磁石圧迫吻合術(山内法)の黎明 山内栄五郎
■ 治療の歴史
血管塞栓物質 堀 信一
■ DI室Q&A
造影剤による遅発性副作用 飯合 等・長田皇紀夫
■ suggestion
IVRを行う前に考えてほしいこと
−あまりにも安易にIVRが行われている現状−
鎌田憲子
再狭窄予防のための血管内放射線治療:現状と展望 広川 裕
IVRistとは 隈崎達夫
■ 不整脈Q&A
22)Sicilian Gambitにもとづく治療の実際(6)
心不全に伴う不整脈
笠貫 宏・伊藤明一
治療学/特集案内・次号予告