ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

薬理と治療(JPT)

1998年 26巻 増刊3号

■特集/シンポジウム 21世紀における臨床試験のあり方
(1997年8月9日,10日:国立京都国際会館)

シンポジウム「21世紀における臨床試験のあり方」開会に当たって

本田 孔士

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s455


【基調講演1】 わが国における臨床試験のあり方-臨床薬理学の立場から

井村 裕夫

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s456-65


【基調講演2】 メディカル・インフレーションと医学研究費のあり方

吉田 和男

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s466-70


【基調講演3】 日本の製薬企業の国際化

内藤 晴夫

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s471-3


【パネルディスカッション1:わが国における臨床試験の現状と問題点】

座長 篠山 重威,大熊由紀子


はじめに

篠山 重威

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s474-5


改正GCPについて

稲荷 恭三

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s476-82


臨床試験を受ける身になると

大熊 由紀子

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s483-7


治験実施者の立場からみたGCPの実践
 -医療評価の妥当性と科学性そして医療における信頼関係-

細田 瑳一

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s488-90


治験依頼者からみた改正GCPへの対応
 -特に実施医療機関との関係-

衣非 脩

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s491-5


抗癌剤臨床試験の問題点

渡辺 亨

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s496-8


わが国で長期臨床試験を行うための問題点

北畠 顕

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s499-502


【総合討論1】

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s503-7


【パネルディスカッション2:臨床試験における科学性確保のためのインフラストラクチャーをどうつくるか】

座長 成宮 周,福島 雅典


はじめに

成宮 周

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s508


Keynote Address:臨床試験の基盤整備に必要なもの

福島 雅典

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s509-15


大学病院における治験の現状と今後のあり方

寺脇 研

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s516-20


多施設共同臨床研究の必要性と体制の確立

大野 竜三

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s521-4


臨床試験における生物統計のインプットとデータ管理
 -インフラストラクチャーの整備と教育

大橋 靖雄

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s525-30


臨床試験の質の向上とCRO(contract research organization)

中村 和男

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s531-6


治験
-アイオワ大学における企業との接点について-

木村 健

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s537-41


これからの治験指導について

池谷 壮一

都合により割愛


【総合討論2】

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s542-52


シンポジウム「21世紀における臨床試験のあり方」まとめにかえて

吉田 修

Jpn Pharmacol Ther 1998 26(Suppl.3) s553