Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

日本臨床試験研究会雑誌
Jpop-VOICE
映像作品

「薬理と治療」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■薬理と治療(JPT)・バックナンバー■
2009年 37巻 増刊1号 目次
■ 特集:肝病態生理研究のあゆみ 第17回肝病態生理研究会報告 於:神戸

開会のことば

三軒茶屋病院

平野 正憲

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s3


1.サル・イヌの肝取込みに関与する有機アニオントランスポーターの機能解析と種差の検討

東京大学 

出堀 泰之ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s9-13


2.Organic anion transporting polypeptide 1B1(OATP1B1),organic anion transporting polypeptide 1B3(OATP1B3)の基質を用いたファーマコフォア解析,三次元定量的構造活性相関

東京大学

渡辺 悦郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s15-9


3.還元型グルタチオン(GSH)の肝臓から血液への排出輸送に関与するトランスポーターの探索

東京大学

前田 和哉ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s21-7


討論【1〜3】

<司会>帝京大学 滝川 一 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s29-31


4.Bile salt export pump(BSEP)の内在化過程におけるクラスリンアダプター蛋白質 adaptor protein complex2(AP2)の関与の検討

東京大学

稲村 香央里ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s33-4


5.Lipopolysaccharide により低下したタウロコール酸の胆汁中排泄に及ぼす 4-フェニルブチレートの影響

帝京大学 

根來 真一郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s35-6


6.Investigation of canalicular efflux mechanisms of SC-62807, a majormetabolite of celecoxib

Chunyong Wu, et al.

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s37-42


有機カチオンの胆汁排泄における multidrug and toxin extrusion 1 の寄与の解析

東京大学 

伊藤 澄人ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s43-7


討論【4〜7】

<司会>筑波大学 正田 純一  

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s49-51


8.Sandwich 培養肝細胞を用いた薬物の胆汁排泄に関与するトランスポーターの寄与率の算定

東京大学  

吉田 健太ほか  

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s53-8


9.肝臓特異的なトランスポーターのエピジェネティクス解析

東京大学  

今井 覚己ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s59-63


10.15R-[11C] TIC を用いた positron emission tomography(PET)による肝胆系輸送の機能評価

理化学研究所 

高島 忠之ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s65-9


11.PET プローブ 15R-[11C] TIC の肝胆系輸送に関与するトランスポーターの同定ならびにヒト相互作用試験時の血漿・肝臓内濃度変動および in vitro 試験からの予測

東京大学  

杉山 雄一ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s71-8


討論【8〜11】

<司会>広島大学病院 田妻 進  

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s79-82


12.薬物誘起性肝障害の発現とグルタチオン-S-転移酵素の遺伝子型との関係に関する検討

東京大学

岡田 蘭ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s83-7


13.Interleukin-10 遺伝子多型と肝線維化進行

鳥取大学

石田 千尋ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s89-92


15.非代償性肝硬変で出現する血漿アミノ酸 imbalance は樹状細胞成熟化を抑制し,分岐鎖アミノ酸(BCAA)により改善する

東北大学 

嘉数 英二ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s93-6


討論【12〜15】

<司会>福岡大学 向坂 彰太郎

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s97-8


16.肝星細胞活性化に対する PTEN の抑制効果

順天堂大学

高島 基樹ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s99-101


17.肝細胞内脂肪滴蓄積と肝細胞死における肝細胞内貯蔵鉄の役割

順天堂大学  

今 一義ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s103-5


19.肝線維化進展・肝発癌過程におけるインスリン抵抗性の関与

奈良県立医科大学 

鍛治 孝祐ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s107-12


討論【16〜19】

<司会>三重大学 竹井 謙之  

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s113-6


20.Repeat biopsy を施行した NASH 症例の検討

市立奈良病院

角田 圭雄ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s117-22


21.非アルコール性脂肪性肝炎の進展と治療効果予測に関わる因子
― AGE,sRAGE との関連について―

広島大学

石飛 朋和ほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s123-7


22.サイトカインおよび MMP の遺伝子多型とHCV 関連肝細胞癌との関連

鳥取大学 

岡本 欣也ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s129-36


討論【20〜22】

<司会>東京大学 吉田 晴彦

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s137-8


23.BMI 変化とレボビスト®造影エコー/肝シンチグラフィによる NASH の経過観察

関西医科大学 

是枝 ちづほか 

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s139-45


24.NAFLD に対する食事運動療法の指標としての多裂筋脂肪化の評価

佐賀大学 

北島 陽一郎ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s147-9


25.非 B 非 C 型肝癌における NASH の関与

鳥取大学

前田 直人ほか

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s151-4


討論【23〜25】

<司会>順天堂大学 國分 茂博

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s155-7


閉会のことば

帝京大学

滝川 一

Jpn Pharmacol Ther 2009 37(s1) s159