ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

薬理と治療(JPT)

2005年 33巻 8号

■ SERIES:CP Report 化学療法(大腸癌)

化学療法クリニカルパスで患者のQOL向上を追求

産業医科大学病院消化器・内分泌外科(第1外科)

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 749-5

■ ORIGINAL ARTICLES

プレドニゾロンによるラット塩酸起因性胃粘膜傷害の増悪化に対するトロキシピドの作用

杏林製薬(株)

井上 昌子ほか

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 757-63


Famotidineの関節リウマチ様関節炎症状に対する効果
─ラットアジュバント関節炎モデルにおける検討─

千葉大

上野 光一ほか

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 765-72


A randomized, double-blind study of fluvoxamine maleate in patients with depression or depressive state
─A comparison in anticholinergic effects and cardiovascular adverse reactions between fluvoxamine maleate and imipramine hydrochloride─

M. Asakura, et al.

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 773-87


Functional Dyspepsia(FD)症例における血中ペプシノゲン測定の意義

東京警察病院消化器センター

鈴木 剛ほか

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 789-91

■ REPORT

世界の医薬品状況(WHO, 2004)

訳:白岩 健,津谷 喜一郎

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 797-802


ヨーロッパと世界のプライオリティ医薬品
─エグゼクティブ・サマリーの日本語訳─

訳:川島 今日子,川上 純一,津谷 喜一郎

Jpn Pharmacol Ther 2005 33(8) 803-12