Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品

「セラピューティック・リサーチ」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■セラピューティック・リサーチ・バックナンバー■

1999年 20巻 8号 目次

■ Opinion

高血圧治療のEvidenceとはなにか

p2197-2202

石井 當男 (横浜船員保険病院院長)

■ Symposium:第5回浜名湖臨床薬理セミナー

第5回浜名湖臨床薬理セミナーについて

p2205

大橋 京一 (浜松医科大学臨床薬理学)


【教育講演1】

P450の遺伝多型:PhenotypingからGenotypingへ

p2207-2208

千葉 寛 (千葉大学薬学部薬物学研究室)


【ワークショップ】

症例A バンコマイシンと腎障害

p2209-2213

長山 義明 (聖マリアンナ医科大学内科)


症例B 心不全の治療

p2214-2217

冨永 宏睦 (浜松医科大学第三内科)他


症例C 横紋筋融解症

p2218-2220

谷口 幸子 (聖隷浜松病院)他


症例D 難治性消化性潰瘍

p2221-2224

古田 隆久 (浜松医科大学第一内科)他


【教育講演2】

H.pyloriと消化器疾患

p2225-2227

森下 鉄夫 (静岡赤十字病院内科)

■ Symposium:第2回OK-432セミナー

【研究発表】

1.OK-432を用いた術後補助免疫化学療法の長期追跡結果について

p2233-2236

山村 義孝 (愛知県がんセンター消化器外科)


2.OK-432の効果に対する脾臓摘出の影響とTh1/Th2バランス

p2237-2244

飯沼 久恵 (帝京大学医学部第二外科)他


3.進行再発胃癌症例に対するFLP+OK-432療法の効果

p2245-2250

吉川 貴己 (神奈川県立がんセンター外科第三科)他


4.癌性胸腹水に対するOK-432の効果と細胞障害メカニズムの解析

p2251-2256

山口 佳之 (広島大学原爆放射能医学研究所腫瘍外科)


5.進行頭頸部癌症例に対する免疫化学療法

p2257-2263

平田 章二 (東札幌病院口腔外科)


6.口腔扁平上皮癌に対するRT+UFT+OK-432併用療法

p2264-2272

佐藤 光信 (徳島大学歯学部第二口腔外科)


8.非小細胞肺癌に対するOK-432臨床比較試験のメタアナリシス

p2273-2277

坂本 純一 (愛知県立愛知病院外科)

■ Symposium:第1回GAS研究会

【基調講演】

消化管運動促進薬クエン酸モサプリドの薬効薬理

p2283-2288

吉田 直之 (大日本製薬株式会社創薬研究所)


臨床試験成績のまとめ

p2289-2296

原澤 茂 (東海大学医学部消化器内科2)


【学術講演】

高齢者逆流性食道炎の臨床的検討

p2297-2300

谷村 博久 (大阪警察病院内科)他


Functional Dyspepsia症例の造影剤入りカプセル胃内分布についての検討

p2301-2303

鈴木 剛 (東京警察病院消化器センター内科)他


超音波法を用いたFunctional Dyspepsia患者の胃十二指腸運動の検討

p2304-2305

楠 裕明 (広島大学医学部第一内科)他


今永法再建幽門輪温存膵頭十二指腸切除後の胃内容排出遅延−その経時的推移とシサプライドの効果−

p2306-2312

竹田 虎彦 (九州大学医学部第一外科)他


【特別講演】

セロトニンの基礎と臨床
−特に消化管運動との関連について−

p2313-2317

谷山紘太郎 (長崎大学医学部薬理学)

■ Symposium:第9回B.M.W.クラブ

【一般演題】

1.Functional DyspepsiaにおけるHelicobacter pylori感染と胃十二指腸運動

p2327-2328

二神 浩司 (広島大学医学部第一内科)他


2.炎症時の異常大腸運動に関与するTachykinin Receptorの検討

p2329-2330

塚本 幹夫 (長崎大学医学部第二外科)他


3.ヒト結腸平滑筋の弛緩における一酸化窒素の役割−機能的および組織化学的な輪状筋と縦走筋の相違−

p2331-2333

大和 滋 (国立国際医療センター消化器科)他


4.胃弛緩運動におけるコリン作動性機構の関与

p2334-2335

吉川 雅文 (広島大学医学部第二外科)他


5.Gastric Adaptive Relaxationに対するエカベトナトリウムの作用

p2336-2337

荒川 哲男 (大阪市立大学医学部第三内科)他


6.消化管ホルモン製剤による術後麻痺性イレウスの治療

p2342-2343

中田 浩二 (東京慈恵会医科大学外科学)他


7.十二指腸空腹期強収縮帯からみた早期胃癌幽門側胃切除術の検討

p2344-2345

富田 凉一 (日本歯科大学歯学部外科)他


8.食道亜全摘術後における嚥下障害と残存食道のManometry

p2346-2347

山下 芳典 (広島大学原爆放射能医学研究所腫瘍外科)他


9.MRI法を用いた胃運動の研究

p2352-2354

関 泰長 (名古屋大学医学部第二内科)他


10.緩解期潰瘍性大腸炎における消化管通過時間の検討

p2355-2357

竹内 学 (新潟大学医学部第三内科)他


11.喫煙時における胃運動機能の変化

p2358-2359

神谷 武 (名古屋市立大学医学部第三内科)他


13.Cajal細胞のラット胃における分布
−粘膜筋板との関連−

p2360-2361

岸川 浩 (慶應義塾大学医学部内科)他


【Symposium】

1.過敏性腸症候群に対する薬物療法と心身医学的治療

p2370-2372

福土 審 (東北大学医学部心療内科)他


2.過敏性腸症候群の治療方針を考える
−サブグループ化の重要性について−

p2373-2376

三浦総一郎 (防衛医科大学校第二内科)他


3.IBS治療ガイドラインの確立に向けて
−初期治療におけるセレキノン投与の意義について−

p2377-2378

鳥居 明 (東京慈恵会医科大学内科一)


4.過敏性腸症候群に対する治療方針

p2379-2380

大和 滋 (国立国際医療センター消化器科)他


5.多軸的診断に基づく過敏性腸症候群の治療法について

p2381-2384

美根 和典 (九州大学医学部心療内科)他

■ 原著

本態性高血圧症患者に対するニルバジピン(ニバジール)の運動負荷試験における心血行動態ならびに内分泌因子への影響

p2393-2402

岳 マチ子 (東京女子医科大学附属成人医学センター)他


冠攣縮性狭心症の新しい治療戦略−短時間および長時間作用型Ca2+拮抗薬の併用療法−

p2415-2418

藤田 正俊 (京都大学医療技術短期大学部)他


高齢者における降圧薬投与と血中Erythropoietin濃度との関係

p2419-2422

石岡 忠夫 (老人保健施設まちや)


新しいニフェジピン徐放性製剤(アダラートCR)の使用経験

p2423-2426

中山 健児 (なかやまクリニック)


血圧のコントロール不良の本態性高血圧症例に対するニフェジピンCRの使用経験

p2427-2432

灰本 元 (灰本クリニック)

■ 症例

慢性心不全の急性増悪例に対するミルリノンの使用経験
−第一選択薬としての有用性−

p2433-2439

武居 久美子 (福山循環器病院内科)他