Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品

「セラピューティック・リサーチ」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■セラピューティック・リサーチ・バックナンバー■

1999年 20巻 3号 目次

■ Opinion

Brain Attackの時代
−わが国の疾病構造に基づいた臨床研究の今後−

p557-564

松本 昌泰(大阪大学医学部第一内科)

■ Roundtable

プラーク破綻と急性冠症候群

p565-572

齋藤 康 (千葉大学医学部第二内科)他

■ Symposium:第1回動脈硬化フォーラム

【講演】

1.血管内超音波法による冠動脈粥腫の組織性状診断の可能性
−Unstable Plaque or Stable Plaque?−

p579-584

松崎 益徳 (山口大学医学部第二内科)他


2.ヒト冠動脈硬化病変の進展
−血管作動性物質とVEGF−

p587-592

上田 真喜子 (大阪市立大学医学部第二病理)


3.動脈硬化病変におけるACATの役割

p596-601

宮崎 章 (熊本大学医学部生化学第二講座)


4.血管内皮細胞由来NOと動脈硬化

p604-610

江頭 健輔 (九州大学医学部循環器内科)


【特別講演】

動脈硬化プラークの不安定化および安定化の機序

p613-618

Peter Libby (Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School)et al.

■ Symposium:第3回老年者高血圧研究会

【一般演題】

1.高齢者における正常血圧群,高血圧治療群,高血圧未治療群の比較検討
−随時血圧,家庭血圧,24時間自由行動下血圧を用いて−

p627-630

寳澤 篤 (東北大学医学部第二内科・公衆衛生学)他


2.老年者本態性高血圧患者における心血管系疾患発症と24時間血圧値との関連について

p631-633

江頭 正人 (東京大学医学部附属病院老年病科)他


3.高血圧緊急症治療中の血行動態の変動により生じた脳梗塞の検討

p634-636

星出 聡 (自治医科大学循環器内科)他


4.加齢マーカーとしての血中内因性NO合成阻害物質

p642-643

宮崎 洋 (久留米大学医学部第三内科)他


5.老年者高血圧における左室形態による臨床的特徴について

p644-646

鈴木 康子 (東京都老人医療センター循環器科)他


6.老年者高血圧におけるCa拮抗薬から他降圧薬への変更症例の検討

p647-650

村田 和子 (慶応義塾大学医学部内科)他


7.高齢者におけるキナプリル反復投与時の血中薬物動態値の変動

p651-654

佐々木正人 (自治医科大学臨床薬理学)他


【特別講演】

老年者高血圧とインスリン抵抗性

p658-668

島本 和明 (札幌医科大学第二内科)


【招聘講演】

Antihypertensive Medications and Quality of Life of the Elderly

p671-679

Sydney H. Croog (University of Connection Health Center, Farmington, Connecticut)

■ Symposium:第16回東京不整脈シンポジウム

【講 演】

1.心房細動に対するカテーテルアブレーション

p689-701

家坂 義人 (土浦協同病院循環器センター内科)


2.非弁膜性心房細動患者における抗血栓療法

p702-707

是恒 之宏 (国立大坂病院循環器科)


3.発作性心房細動の日内変動から考える治療

p708-715

山下武志 (東京大学医学部附属病院循環器内科)


【症例呈示】

1.経食道心エコー施行中,右房内血栓を観察しえた心房細動の1例

p719-722

熊谷 賢太 (東邦大学医学部附属病院第三内科)他


2.ジソピラミド静注により遷延する洞停止を認め,洞機能不全症候群の存在が疑われた発作性心房細動の1例

p723-728

吉崎 彰(東京医科大学八王子医療センター循環器内科)他


3.5年間心房細動が持続しうっ血性心不全を発症した患者に対し電気的除細動を行い,その後約1年間洞調律を維持し続けている1例

p729-734

西村 敬史 (東京都老人医療センター循環器科)他

■ Symposium:第21回東海ペースメーカー研究会

【一般演題】

1.VVIペーシングとDDDペーシング

p739-741

水谷 登 (愛知医科大学第三内科)


2.VVIペーシングの功罪

p742-743

加藤 林也 (国立名古屋病院循環器科)他


3.ペースメーカー植込み患者の疾患/モード/年齢分析

p744-745

青木 和一 (日本光電コルテック株式会社マーケティング部)


4.心房ペーシングにより心房粗細動の抑制効果を示した徐脈頻脈症候群の1例

p746-751

大道 近也 (松坂市民病院内科)他


5.DDD(R)Pacing EraにおけるVVI(R)Pacingの選択

p752-753

加藤 勲 (愛知医科大学第三内科)他


6.DDDとVVIにおけるリード不全について

754-756

高木 靖 (名古屋大学医学部胸部外科)他

■ Symposium:第23回東海時間循環器研究会

1.心拍変動による慢性心房細動の予後予測

p759-760

山田 彰 (名古屋市立大学医学部内科学第三講座)他


2.降圧薬の就寝前投与による高血圧治療

p761-764

石原 大三 (愛知県厚生連昭和病院)他


■ Symposium:第2回日本心血管内分泌代謝学会総会ランチョンセミナー
レニン・アンジオテンシン系研究の最前線

1.アンジオテンシンII受容体拮抗薬の薬理

p769-773

稲田 義行 (武田薬品工業株式会社創薬研究本部)


2.腎微小循環におけるアンジオテンシンII作用の新知見

p774-778

林 晃一 (慶応義塾大学医学部内科)他


3.ACE非依存性アンジオテンシンII産生系の病態生理学的意義

p779-784

浦田 秀則 (福岡大学医学部第二内科)他


4.アンジオテンシンII受容体サブタイプとメサンギウム細胞増殖調節

p785-788

向山 政志 (京都大学臨床病態医科学・第二内科)他

■ 原著

インドメタシン誘起小腸傷害に対するラフチジンの効果

p793-801

古仲 晃 (京都薬科大学薬物治療学)他


潰瘍性大腸炎に対する副腎皮質ステロイド剤注腸療法の臨床的検討

p803-807

松生 恒夫 (松島病院大腸肛門病センター)他


β遮断薬療法導入不成功の拡張型心筋症に対し,Pimobendan併用下に再導入を試みた4症例の経験

p809-816

佐々木 達哉 (大阪第一病院循環器内科)他