Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品

「セラピューティック・リサーチ」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■セラピューティック・リサーチ・バックナンバー■
pier onlineで購入:Pier Onlineで購入可能

2009年 30巻 7号 目次

■ Report

第24回日本不整脈学会学術大会・第26回日本心電学会学術集会 合同学術集会 速報 pier Onlineで購入

p1015-8

■ State of the Art:高血圧臨床研究の動向2009

大規模臨床試験からみた降圧薬併用の評価 pier Onlineで購入

p1019-47

築山久一郎 (介護老人保健施設 葵の園・川崎/千葉・柏リハビリテーション病院)

■ Series:Mystery of platelet:生活習慣病と血小板

糖尿病・脂質異常症と血小板 pier Onlineで購入

p1052-9

小田 淳 (北海道大学大学院医学研究科予防医学講座環境医学分野)


次世代臨床評価システムの構築へ:血小板の特性を利用し臨床病態をコンピュータ上に再現 pier Onlineで購入

p1060-1

後藤信哉 (東海大学医学部内科学系(循環器内科)

■ Roundtable

進行期パーキンソン病における課題とその対策 pier Onlineで購入

p1063-70

久野 貞子 (国立精神・神経センター病院 副院長)他

■ Symposium:SUSPECT HIT in Sendai

【一般講演】

1. 循環器領域でのHIT症例
−いつHITを疑ったか−
当施設で経験したヘパリン起因性血小板減少症(HIT)を生じた急性心筋梗塞症の3例 pier Onlineで購入

p1075-83

伊藤 智範 (岩手医科大学内科学循環器・腎・内分泌分野/循環器医療センター)他


2. 脳領域でのHIT症例
−少量のヘパリン使用で発症したHIT症例− pier Onlineで購入

p1084-6

近藤 竜史 (財団法人広南会広南病院血管内脳神経外科)


【特別講演】

血栓症ハイリスク因子としてのヘパリン起因性血小板減少症
−診断と治療,最近の進歩− pier Onlineで購入

p1087-96

宮田 茂樹 (国立循環器病センター輸血管理室医長)

■ Symposium:第33回埼玉不整脈ペーシング研究会

【一般演題】

歯科治療によりDDD Pacemakerの設定がBack−up VVI Modeに切り替わってしまった1症例 pier Onlineで購入

p1099-103

宮崎 秀和 (埼玉県立循環器・呼吸器病センター循環器科) 他


著しい高カリウム血症によりペーシング不全をきたした1例 pier Onlineで購入

p1104-7

神吉 秀明 (さいたま市立病院循環器科)他


広範な低電位領域に存在したIsthmusの同定に種々の設定のVoltage Mapが有用であった心室頻拍の1例 pier Onlineで購入

p1108-10

入江 忠信 (群馬大学大学院医学系研究科臓器病態内科学)他


発作性心房細動に対するPV Isolation時に認められた心房頻拍に対しCARTOが有効であった心房中隔欠損症症例 pier Onlineで購入

p1111-7

生天目 安英 (戸田中央病院循環器内科) 他


副伝導路に対する高周波通電中に房室接合部調律が出現した左側後中隔WPW症候群の1例 pier Onlineで購入

p1118-21

今井 忍 (駿河台日本大学病院循環器科) 他


Slow Pathway領域に関連した2種類の頻拍が誘発され診断に苦慮した1例 pier Onlineで購入

p1122-8

濱部 晃 (自衛隊中央病院循環器科) 他


心房細動の治療戦略
−低侵襲外科治療:胸腔鏡mini Maze−pier Onlineで購入

p1129-32

松谷 哲行 (防衛医科大学校第二外科) 他


AED施行症例の検討
−アンケート調査による− pier Onlineで購入

p1133-5

久内 格 (獨協医科大学越谷病院循環器内科) 他

特別講演

心房細動のマッピングとアブレーション pier Onlineで購入

p1136-41

高橋 良英 (横須賀共済病院循環器センター)

■ Symposium:第21回神奈川心不全研究会

1. レジオネラ肺炎を契機に発症した虚血性心疾患を伴う高血圧性心不全に対し血行再建後,睡眠時無呼吸症候群に対しASVが著効した1例 pier Onlineで購入

p1145-50

神田 茂孝 (東海大学医学部内科学系循環器内科) 他


2. 中枢性睡眠時無呼吸を合併する慢性心不全に対しASV導入により運動時周期性呼吸および心不全が著明に改善した1例 pier Onlineで購入

p1151-4

黄 世捷 (聖マリアンナ医科大学循環器内科学) 他


3. Peak CKが1万以上を呈した広範囲心筋梗塞による慢性心不全の2症例 pier Onlineで購入

p1155-61

前澤 秀之 (昭和大学藤が丘病院循環器内科) 他


5. 冠攣縮性狭心症により一過性の僧帽弁閉鎖不全症を合併した1例 pier Onlineで購入

p1162-6

清水 規隆 (横浜旭中央総合病院循環器科) 他


6. Potential utility of ambulatory blood pressure monitoring in patients with congestive heart failure pier Onlineで購入

p1167-72

Takeshi Takamura (Yokohama City University Graduate School of Medicine, Department of Medical Science and Cardio-renal Medicine) , et al.


7. MRIでの心不全原疾患の鑑別診断 pier Onlineで購入

p1173-7

鴇田 尚樹 (北里大学医学部放射線科) 他


【特別講演】

心臓MRIと冠動脈MRA pier Onlineで購入

p1178-87

佐久間 肇 (三重大学医学部附属病院放射線診断科)他

■ 原 著

The renoprotective effects of benidipine in Chinese senile hypertensive patients pier Onlineで購入

p1191-7

Liu hua (Shanghai Chest Hospital Affiliated to Shanghai Jiao Tong University) , et al.


Antihypertensive and organ−protective effects of valsartan in essential hypertension patients showing inadequate response to a combined antihypertensive drug regimen including olmesartan medoxomil pier Onlineで購入

p1199-211

Tatsuya Kai (Department of Vascular and Geriatric Medicine, Kinki University School of Medicine)


Candesartan reduces the progression of eGFR in hypertension patients pier Onlineで購入

p1213-20

Mari Nakabou (Department of Vascular and Geriatric Medicine, Kinki University School of Medicine) , et al.


本態性高血圧患者においてL/N型カルシウムチャネル拮抗薬シルニジピンが腎機能と血管硬度に及ぼす影響 pier Onlineで購入

p1221-7

三好 恵 (福岡大学筑紫病院内科第一) 他


肥満高血圧症におけるバルサルタン長期投与のインスリン抵抗性改善作用と副腎アンドロゲン増加作用 pier Onlineで購入

p1229-34

上芝 元 (東邦大学医学部内科学糖尿病・代謝・内分泌科) 他


家庭血圧を用いたバルサルタン用法変更投与による効果の検討 pier Onlineで購入

p1235-43

廣瀬 健 (沢辺中央病院) 他


Blockade of angiotensin II type 1 receptor by telmisartan suppressed activation of human hepatic stellate cells pier Onlineで購入

p1245-51

Noriko Sakamoto (Division of Diabetes and Endocrinology, Department of Internal Medicine, The Jikei University School of Medicine), et al.