Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品

「セラピューティック・リサーチ」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■セラピューティック・リサーチ・バックナンバー■

2003年 24巻 11号 目次

■ Opinion

Sick individualsからSick populationsへのまなざし
−根拠に基づく健康政策のすすめ方

p2007-14

水嶋 春朔 (東京大学医学教育国際協力センター)

■ Symposium:第8回非線形系循環器研究会

1.心拍1/fβゆらぎによる心血管疾患の予後評価
−慢性心房細動における検討−

p2019-26

佐藤 恭子 (高知医科大学老年病科・循環器科)他


2.Autonomic Nervous System and Oxygen Metabolism of the Brain during Bathing

p2027-31

Tomoyuki Yambe (Department of Medical Engineering and Cardiology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University), et al.


3.持続性心室頻拍患者における非発作時の心拍変動解析

p2032-5

笠間 正文 (昭和大学藤が丘病院循環器内科)他


【特別講演】

1.高血圧ラットの神経性循環調節の高い線形性を低下させ,低い非線形性を亢進させる降圧薬の探究

p2036-43

熊谷 裕生 (慶應義塾大学医学部内科学)他


3.心拍変動と自律神経
−呼吸性洞性不整脈の研究−

p2044-9

早野 順一郎 (名古屋市立大学大学院医学研究科共同研究教育センター)

■ Symposium:第7・9・10回関東アブレーション・セミナー

【第7回】

単発心房期外刺激にて稀有型房室結節回帰性頻拍から房室回帰性頻拍に移行し,副伝導路とSlow Pathwayのアブレーションにより治療しえた1例

p2053-8

中原 志朗 (獨協医科大学越谷病院循環器内科)他


3本のKent束伝導と,3種類の上室性頻拍が不安定に発現した例のカテーテルアブレーション

p2059-63

岸 良示 (聖マリアンナ医科大学循環器内科)他


先端電極長6 mmの焼灼用カテーテルにより回路の離断に成功した心房粗動の2症例

p2064-9

蔵野 康造 (水戸済生会総合病院循環器内科)他


【第9回】

カテーテルアブレーションが奏功したFocal Atrial Fibrillationの1例

p2070-4

中村 浩章 (武蔵野赤十字病院循環器科)他


【第10回】

ATP非感受性,房室結節近傍起源心房頻拍の1例

p2075-83

細川 記代 (長野厚生連北信総合病院循環器科)他


交連切開術後に出現した通常型逆方向性心房粗動に対してカテーテルアブレーションを施行した1例

p2084-6

千田 龍二 (獨協医科大学越谷病院循環器内科)他


カテーテルバンプにより右上肺静脈電位の消失が見られた発作性心房細動の1例

p2087-90

横山 泰廣 (横須賀共済病院循環器センター内科)他

■ 原 著

冠動脈に有意な狭窄を認めない冠攣縮性狭心症患者における塩酸ベニジピンの心事故に対する効果
−ケースコントロール研究による塩酸ジルチアゼムとの比較−

p2093-100

坂田 和之 (静岡県立静岡がんセンター循環器科)他


健常人におけるC64定量音叉を用いた振動覚閾値の測定

p2101-8

杉村 公也 (名古屋大学医学部保健学科)他


Clinico-pathologic Study of 6 Cases of Gastric Endocrine Cell Carcinoma
−Case Report−

p2109-15

Hiroshi Maekawa (Department of Surgery, Juntendo University Izunagaoka Hosptal)et al.