Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン バックナンバー■
2010年 18巻 1号
第11回日本骨粗鬆症学会REPORT
FRAX®をどのように日本人へ応用するか? p7-14
第11回日本骨粗鬆症学会 学術奨励賞
男性の骨に対するエストロゲンの作用
−性同一性障害とクラインフェルター症候群−
p17-20
宮島  剛他
日本人施設入居高齢者におけるビタミンD3介入試験 p21-26
ヌ原 晶子他
思春期のビタミンK栄養評価
−曲率解析法を応用した新規評価法の開発−
p27-32
津川 尚子他
腰椎圧迫骨折は他の慢性疾患よりもQOLを低下させる
−ROAD study−
p33-37
村木 重之他
第11回日本骨粗鬆症学会 シンポジウム1 《OVERVIEW》
Secondary Osteoporosis and Drug-Induced Osteoporosis p39-41
細井 孝之
Osteoporosis Japanセミナー:内科医が診る骨粗鬆症G
薬物療法に伴う骨粗鬆症1 ステロイド骨粗鬆症 p43-46
細井 孝之
TOPICS カルシトニンUpdate
第11回日本骨粗鬆症学会/骨ドック・健診分科会から
大腿骨頸部・転子部骨折症例に対するエルカトニン投与が術後リハビリテーションに及ぼす影響の検討
−ランダム化比較試験−
p49-50
中野 哲雄他
骨粗鬆症患者の腰背部痛および胃食道逆流症(GERD)症状に対するエルカトニン投与効果の縦断的検討 p51-3
山根 雄幸他
医療機関受診骨粗鬆症患者の疼痛プロファイル
−エルカトニン全国使用実態調査結果より−
p54-6
萩野  浩他
骨粗鬆症・変形性関節症関連の疼痛とQOLに対するエルカトニンとリセドロネートの効果の比較
−皮膚インピーダンス低下の測定(痛電計)とSF-36による検討−
p57-8
藤田 拓男他
カルシトニンの鎮痛作用に関する作用部位 P59-60
伊藤 彰敏他
平成20年度(第1回)旭化成研究助成プログラム(骨粗鬆症QOL研究)報告
核磁気共鳴スペクトロスコピーを用いた高齢者の慢性腰背部痛における痛みと心の脳機能評価 p63-5
岩下 成人
背筋運動と活性型ビタミンD製剤の骨粗鬆症患者QOLに対する相乗効果 p66-7
岸本 光司他
骨粗鬆症性脊椎椎体骨折後の姿勢異常とQOL低下の病態に関する研究 p68-70
高畑 雅彦他
骨粗鬆症の医療経済評価のためのQOLデータベース作成に関する調査研究 p71-4
田中  清
脊柱変形を有する重度骨粗鬆症患者のQOLに対する脊柱可動域訓練の効果の検討 P75-77
宮腰 尚久
第11回 神奈川骨粗鬆症治療フォーラム
骨粗鬆症治療のパラダイムシフト
−骨量・骨質同時評価による治療薬の使い分け−
P83-4
斎藤  充
骨粗鬆症と生活習慣病の接点 P85
岡崎  亮
シリーズ●若手臨床医のための〔実践〕骨粗鬆症臨床研究の仕方とまとめ方B
臨床研究(治験)審査委員会とインフォームド・コンセントについて P87-96
五來 逸雄