Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン バックナンバー■
2008年 2号
日本骨粗鬆症学会 第9回会長講演
血管石灰化の分子機構とその制御 p13-18
大内 尉義
日本骨粗鬆症学会 第9回特別講演
脂質シグナリング−炎症から骨代謝へ p21-30
清水 孝雄
第9回日本骨粗鬆症学会 シンポジウム5「骨粗鬆症の栄養学」
骨折予防からみたビタミンKの栄養状態 p33-38
岡野登志夫他
骨粗鬆症患者のカルシウムとビタミンDの栄養状態と骨代謝 p39-43
広田 孝子
ホモシステイン(葉酸およびビタミンB12,B6)の
骨折リスクへの影響
p44-48
斎藤 充
高齢骨粗鬆症患者におけるマグネシウムなどの栄養状態 p49-55
齊藤 昇  
食餌性植物エストロゲン濃度と骨密度との関係 p56-60
堀内 敏行他
健常日本人女性の食生活パターンと骨密度 p61-64
佐々木 敏
第9回日本骨粗鬆症学会 一般演題Highlight
血清TRACP-5bはアレンドロネートの骨密度増加効果を
早期に予測できる
p67-70
石井 光一他
骨芽細胞におけるグルココルチコイド応答遺伝子の探索 p71-72
東 浩太郎
男性2型糖尿病において肥満かつ血糖コントロール
不良であることは多発椎体骨折の危険因子である
p73-75
金沢 一平他
性同一性障害者の骨代謝変化と治療効果に関する検討 p76-79
宮島  剛他
アレンドロネートとアルファカルシドールの治療開始後6ヵ月
までの新規椎体骨折予防効果の検討(第一報)
p80-82
宮腰 尚久他
骨粗鬆症患者におけるリセドロネート(RIS)の服薬継続に
影響する因子の検討
p83-85
柿本 明博
ステロイド性骨粗鬆症管理と治療のガイドラインの妥当性に
関する検討−関節リウマチを中心に−
p86-89
田中 郁子他
塩酸ラロキシフェン製造販売後調査における有効性
(中間報告)
p90-96
宮内 章光他
塩酸ラロキシフェン製造販売後調査における安全性
(中間報告)
p97-102
宮内 章光他
地域在住高齢者を対象にしたビタミンDと骨密度との関係 p103-106
吉田 英世他
成長期にある子供とその母親の相関性調査と
骨量を規定する因子の検討(短報)
p107-109
清水 弘之他
男性ステロイド性骨粗鬆症における
腰椎・大腿骨頸部・橈骨骨密度での椎体骨折閾値の検討
p110-113
林  公美他
骨粗鬆症による腰椎脆弱性の評価 p114-117
南郷 脩史他
2型糖尿病女性の血中ペントシジン濃度は椎体骨折の
予測因子である
p118-122
山本 昌弘他
一般整形外科における骨粗鬆症診療の実態 p123-126
石井 光一
第3回(平成19年度)リリー研究助成成果報告
手指骨海綿骨微細構造計測用コンパクトMRIの開発と
臨床評価研究
P129-133
巨瀬 勝美他
閉経後骨粗鬆症およびその合併症でみられる疼痛に関する研究
−ラロキシフェンの効果とその痛電計(皮膚インピーダンス低下の測定)による計量的評価−
P134-138
藤井 芳夫他
中高年男女における血清性ホルモン値がその後の骨粗鬆症の
発生に与える影響−長期住民コホート追跡調査−
P139-141
村木 重之他
日本人における大腿骨近位部骨質の評価と骨強度の解明 P142-146
伊東 昌子他
Superimposition 業法を用いた骨粗鬆症腰椎の経時的評価 P147-149
馬渡 太郎他
骨梁構造と骨力学特性の解析による骨質の評価 P150-155
佐藤  崇他
閉経後骨粗鬆症における長期ビスフォスフォネート治療
中止後のラロキシフェンの骨密度および骨代謝マーカーに
対する効果の検討
P156-160
石橋 英明他
骨粗鬆症性椎体における薬物療法の力学的効果 P161-166
村上 英樹他
閉経後骨粗鬆症に対する薬剤選択について P167-171
尾林  聡他
閉経後のステロイド性骨粗鬆症に対するラロキシフェンと
ビスフォスフォネートの臨床効果の比較
P172-175
高柳 涼一他
第8回 東京 骨・カルシウム・ホルモン代謝研究会
マウス腎尿細管においてPTH(7-84)はPTH(1-34)に
誘導される1,25-(OH)2D3の産生を抑制する
P179
中島貴志子他
関節リウマチ患者血清中の単球上に発現するCD47は
単球のfusionを介して破骨細胞形成を誘導する
P180
八子  徹他
MELAS(mitochondrial encephalopathy,lactic acidosis
and stroke-like episodes) の剖検例による動脈硬化・
骨粗鬆症・老化の検討
P181
中野 和俊他
当科更年期外来にて診断し得た骨粗鬆症/骨量減少例における
低エストロゲン血症以外の危険因子の検討
P182
牧田 和也他
大腿骨頸部骨密度と身体機能による転倒・骨折の予測因子に
ついて−東京厚生年金病院「転倒予防教室」の実践から−
P183
小松 泰喜他
維持透析患者の3DCTによる大動脈弓部石灰化部位評価と
臨床的意義についての検討
P184
松田 奈美他
更年期婦人の骨塩量減少予防に対するホルモン補充療法,
RaloxifeneおよびBisphosphonate製剤の臨床効果の比較
P185
合阪 幸三他
骨粗鬆症患者へのビスホスホネート投与による同 業一人の3部位
(腰椎,大腿骨頸部,橈骨遠位1/3)骨密度と骨代謝マーカーの追跡
P186
島本 周治他
骨代謝マーカーを用いた骨吸収抑制剤における
過度の骨代謝抑制の検討
P187
長谷川雅一他
アレンドロネートとVit D3の併用療法はCa代謝を維持する
ことにより骨密度増加効果を増強する
P188
岡野 浩哉他
原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)患者の術後骨量の回復を
目指した薬物補充療法の試み(第2報)
P189
神戸 雅子他
骨量・骨強度の維持に果たすビタミンDとビタミンKの役割 P190
岡野登志夫
Osteoporosis Japanセミナー:内科医が診る骨粗鬆症(1)
骨粗鬆症に併存しやすい疾患・病態と内科的合併症 P193-196
杉本 利嗣
骨粗鬆症診療の標準的調査項目および全国的データベース構築の検討 P197-203
細井 孝之他
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
腰下肢痛を伴う骨粗鬆症症例に対する日本語版
Roland-Morris Disability Questionnaireを用いたQOL評価
−エルカトニン製剤投与下での疼痛に関連するQOL改善についての検討−
P207-215
中村 正生他