Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
2007年 2号
第8回日本骨粗鬆症学会シンポジウム2
画像診断法の進歩と骨強度予測への応用
p13-17
伊東 昌子
Hip Structure Analysisによる骨強度評価
p18-21
高田 潤一他
転倒・骨折予防の立場からみた骨強度の評価
 −骨強度評価に何を望むか−
p22-24
原田  敦他
骨質の解析からみた骨強度
p25-29
森  諭史
骨代謝回転と骨質・骨強度
p30-33
井上 大輔
3次元CT画像と構造解析を用いた骨強度の評価
p34-39
大西五三男
第8回日本骨粗鬆症学会 一般演題Highlight
魚椎骨折の本態は椎間板ヘルニアの椎体内嵌入である
−シュモール結節と共通の機序で椎体不安定性が
起こる−
p43-50
岡本 純明他
骨脆弱性骨折の治癒過程において変化する
骨代謝マーカーの相関関係
p51-55
高原 健治他
地域高齢者に対する振動刺激訓練の意義と効果
p56-58
山本 智章他
副甲状腺ホルモンの骨形成および骨吸収促進作用の
細胞・分子メカニズム
p59-62
篠田 裕介他
マウス第13番染色体上骨量遺伝子座の解析
p63-65
中西 りか他
CT/有限要素法による骨粗鬆症治療薬の効果判定
p66-69
今井 一博他
骨粗鬆症家族歴の有無がPeak Bone Mass形成に
及ぼす影響についての検討
p70-72
岡野 浩哉他
茶カテキンの骨代謝調節作用
p73-75
小田桐 久他
指骨海面骨三次元構造計測用コンパクトMRIの開発
p76-79
飯田奈智子他
骨パジェット病に対するビスフォスフォネート製剤の
治療経験
p80-82
岡野  徹他
骨長増加時期に骨密度は増加が停滞あるいは
減少しうる
p83-87
鳥居  俊他
2型糖尿病女性および男性における
腰椎・大腿骨頸部・橈骨骨密度での
椎体骨折閾値の検討
p88-92
山本 昌弘他
ビスフォスフォネートが骨粗鬆症性脊椎の
骨強度に及ぼす効果
p93-95
村上 英樹他
骨粗鬆症治療薬の継続に関しての検討
−ラロキシフェンを中心に−
p96-98
正木 秀樹他
経口ビスフォスフォネート製剤治療中に
上顎骨骨髄炎を発症した1例
p99-103
重信 恵一他
原発性骨粗鬆症に対するリセドロネートとビタミン
K2の併用効果に関する多施設共同研究
−1年経過症例の中間解析−
p104-107
久島 泰仁他
日本骨粗鬆症学会 骨Paget病の診断と治療ガイドライン委員会報告
わが国における骨パジェット病の有病率と
臨床的特徴
p111-115
橋本  淳他
骨Paget病の診断と治療ガイドライン委員会成果報告
p116-119
高田信二郎他
日本骨粗鬆症学会教育講座 カレントコンセプトシリーズ2
骨折リスクの評価
P121-124
中村 耕三他
第2回(平成18年度)リリー研究助成成果報告
閉経後骨粗鬆症女性の脂質代謝に及ぼす
ラロキシフェンの影響
P127-131
雑賀 明宏
糖尿病を合併した閉経後骨粗鬆症患者の
骨質,骨脆弱性,骨折予知の指標の検討
P132-135
山口  徹他
閉経後女性における塩酸ラロキシフェンと
エストリオール併用療法の治療効果に関する検討
P136-139
八幡 哲郎他
ラロキシフェン使用時における骨量変化ならびに
これに伴うQOL(quality of life)scoreの推移に
関する基礎的検討
P140-143
尾林  聡他
塩酸ラロキシフェンの新たな骨作用と
骨外作用の検索
P144-148
高田信二郎
閉経後早期女性における塩酸ラロキシフェンの
骨代謝回転抑制効果
モニタリングの至適骨代謝マーカーの検討
P149-153
吉田  顕
第7回 東京骨・カルシウム・ホルモン代謝研究会
骨代謝マーカーを用いた低出生体重児胎生期の
骨代謝の検討
−胎数(単胎,双胎,品胎)による差について−
P157
岩松 利至他
当科更年期外来にて診断された閉経後骨粗鬆症/
骨量減少例における血清脂質動態の検討
P158
牧田 和也他
子宮内膜症に対するGn-RH agonist療法中の骨密度
減少予防を目的としたBisphosphonate併用療法の
効果
P159
合阪 幸三他
心疾患合併若年骨粗鬆症患者の2症例について
P160
折戸 征也他
橈骨遠位端骨折保存治療後に生じる不動性骨粗鬆症に
対するリセドロネートによる薬物予防効果の検討
P161
金谷 幸一他
低リン血症性骨軟化症の治療に伴う骨代謝の
改善過程の検討
P162
斉藤 陽子他
培養液中のカルシウム(Ca)・リン(P)濃度が
 PTH分泌と細胞増殖に及ぼす影響
−原発性および続発性副甲状腺機能亢進症患者より
得られた副甲状腺腫での比較検討−
P163
中島貴志子他
リン負荷がPTHの分泌に及ぼす直接的影響について
−FGF産生腫瘍性骨軟化症の1例−
P164
神戸 雅子他
関節リウマチ滑膜からのTNF-αならびに
 MMP-3の産生はギャップ結合阻害剤で抑制される
P165
南家 由紀他
MDCT,MRAによる透析患者の冠動脈病変の評価
P166
塚田三佐緒他
骨粗鬆症性椎体骨折
P167
福永 仁夫
転倒予防医学研究会 第3回研究集会 Highlight
アセスメントツールと根本原因から分析した
一病院の転倒要因
P173-174
泉 キヨ子他
神経内科病棟における転倒事故予防の取り組み
P175-176
佐竹 夏希他
当院回復期リハビリ病棟での転倒対策
P177-179
角田 利彦他
高齢者の転倒予防のための1年間の
多面的運動介入の効果
P180-183
朴  眩泰他
関節リウマチにおける転倒頻度の検討
P184-186
林原 雅子他
施設入所高齢者の転倒恐怖とQOL,ADL,
身体活動量との関連
P187-189
加藤智香子他
転倒予防体操「水戸転けないばやし」
P190-191
海老沢明子他
オリジナルリズム体操
「水戸黄門体操−あゝ人生に涙あり」
P192-193
四方田良子他
自治体との連携による
「転倒・寝たきり予防プログラム」の展開事例
P194-195
栗山  剛
多機関連携による冬季積雪路面での
転倒防止に向けた取り組み
P196-198
鈴木 英樹他
「シルバー大学」における運動開始年齢の違いが
移動能力の経年推移に及ぼす影響
P199-200
北湯口 純他
当院における転倒・転落事故防止対策の現状報告
−回復期リハビリ病棟と急性期病棟の比較
P201-202
土田 聖司
地域在住高齢者における睡眠導入剤服薬の実態と
転倒歴
P203-204
原 詠美子他
若年の年間転倒率が中高年より増えている
実態について
P205-207
鳥生 厚夫
エビデンスに基づいた転倒予防リスクアセスメント
−認知症高齢者の転倒予防・骨折予防を探る
P208-210
高杉紳一郎他
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
骨密度および尿中デオキシピリジノリンに対する
ラロキシフェンの併用療法の効果
P215-219
中藤 真一
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2006年版概要(英訳版)
The Japanese Guidelines for the Prevention
and Treatment of Osteoporosis
(2006 Edition)
P221-225