Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
2007年 3号
REPORT
診療所に通院する骨粗鬆症患者の
服薬コンプライアンスと 腰背部痛の現状
p9-16
折茂  肇
大腿骨近位部BMD測定マニュアル
はじめに
p18
中村利孝
1.測定の意義
p19
福永 仁夫
2.大腿骨近位部の解剖
p20-22
山崎  薫
3.大腿骨近位部骨折の疫学(国内,国外)
p23-26
吉村 典子
4.大腿骨近位部のBMD測定
p27-36
友光 達志
5.測定の基本性能
p37
曽根 照喜
6.BMDの基準値,原発性骨粗鬆症の診断基準,
薬物治療開始基準
p38-39
福永 仁夫
7.骨折のリスク評価
p40-42
藤原佐枝子
8.治療効果の評価
p43-45
萩野  浩
9.各種疾患
(1)続発性骨粗鬆症
p46-50
三木 隆己
(2)整形外科領域 p51-53
楊  鴻生
日本骨粗鬆症学会 第8回特別講演
メタボリックシンドロームの病態と治療戦略
p61-73
門脇  孝
日本骨粗鬆症学会教育講座 カレントコンセプトシリーズ3
ステロイド性骨粗鬆症の最近の考え方
P75-78
大島 久二他
第17回婦人科骨粗鬆症研究会
骨細胞外マトリックスにおける
グリコサミノグリカン糖鎖の変化と骨の脆弱化
−両側卵巣摘出ラットにおける検討−
P85-87
谷口 綾亮他
ビスフォスフォネート(アレンドロネート)の
癌細胞への効果の検討
P88-90
加藤 聖子他
閉経後日本人女性におけるビタミンD受容体遺伝子多型と下顎骨の骨梁パターンとの関係
P91-93
田口  明他
閉経後日本人女性における体格指数と
歯の喪失との関係
−肥満女性において高骨密度は歯の喪失抑制に
はたらくのか?
P94-96
田口  明他
骨粗鬆症家族歴の有無がPeak Bone Mass形成に
及ぼす影響についての検討
P97-100
岡野 浩哉他
歯科用パノラマX線写真による世界各国の観察者の
骨粗鬆症スクリーニング能力
−国際共同研究Osteoporosis Screening Project
in Dentistry(OSPD)−
P101-103
田口  明他
閉経後乳癌患者の腰椎骨密度に関する後方視的検討 P104-105
河村 幸枝他
切迫早産管理が骨代謝に与える影響の検討(第1報)
P106-109
加地  剛他
閉経後骨粗鬆症患者の口腔内所見と骨粗鬆症治療に
伴う口腔への影響
P110-113
稲垣 幸司他
低用量HRTとビタミンKまたは
ビスフォスフォネートの併用療法が
骨代謝に及ぼす効果
P114-118
中澤  学他
当院における新しい骨粗鬆症管理の実際
−骨粗鬆症管理地域連携外来クリニカルパスの
試み(第2報)−
P119-121
大澤  稔他
長期GnRHアナログ投与患者における
ラロキシフェンの骨密度減少予防効果
P122-124
大須賀 穣他
選択的エストロゲン受容体モジュレータの
血液凝固線溶系への影響についての検討(第2報)
P125-129
樋口  毅他
前治療を有する骨粗鬆症に対する
塩酸ラロキシフェンの効果
P130-132
南川 高廣他
閉経後女性に対する塩酸ラロキシフェンの
歯牙喪失に与える影響
P133-135
新谷 雅史他
塩酸ラロキシフェン内服中に発症した
深部静脈血栓症の1例
P136-139
菖蒲川紀久子他
当科におけるラロキシフェンと
ビスフォスフォネートの使用経験
−副作用を中心とした比較検討−
P140-141
古謝将一郎他
骨粗鬆症治療薬の服薬コンプライアンス向上に
必要な要因の検討
−長期服用者へのアンケート調査結果から−
P142-144
牧田 和也他
コンプライアンスの向上を目指した
ビスフォスフォネート(daily tablet)の
新しい投与法
P145-148
合阪 幸三他
ビスフォスフォネート製剤の
服薬継続率に関する検討
P149-150
大石  曜他
ラロキシフェン・活性型ビタミンD併用の場合の
服薬状況 (persistence,adherence)に
関する研究
P151-153
五來 逸雄他
継続率からみた閉経後骨粗鬆症患者の治療薬
−アレンドロネートと塩酸ラロキシフェンの比較−
P154-157
倉澤健太郎
閉経後早期女性群に対するSERM療法の
服薬コンプライアンスを 中心とする検討
−A-TOP JOINT-02群との比較−
P158-160
吉田  顕
第5回 骨粗鬆症QOLフォーラム
エルカトニンによる末梢血流改善作用
P165-167
伊藤 彰敏他
骨粗鬆症患者における膝高と身長低下について
P168-170
楊  鴻生他

骨粗鬆症患者における運動指導によるQOL変化に 関する検討

P171-175
金丸 晶子他
地域高齢者の運動機能とQOL評価
P176-177
山本 智章
骨粗鬆症におけるQOL評価の重要性と今後の
展開について
P178-181
中村 利孝
地域在住中高年女性における新規椎体骨折とQOL
P182-184
青柳  潔
脊柱変形とQOL
P185-187
宮腰 尚久
骨粗鬆症性骨折発生後のQOL変化
P188-189
萩野  浩
第13回 近畿骨粗鬆症研究会
骨粗鬆症における,膝高,身長および骨密度との関係
P195-196
楊  鴻生他
骨粗鬆症外来における看護師の役割と今後の課題
P197-198
亀川 祐子他
軽症原発性副甲状腺機能亢進症に対する
薬物治療の検討
P199-200
本庶 祥子他
抗てんかん薬を内服していた男児に多発した
骨粗鬆症性骨折
P201-203
吉田格之進他
骨棘形成の骨密度測定に対する影響
P204-206
林田 敬一他
骨粗鬆症患者における身体機能の特徴
P207-211
安藤  卓他
低出力超音波パルス刺激が踵骨超音波伝導速度に
与える影響
P212-214
坪山 直生他
二次性骨粗鬆症の原疾患についてのアンケート結果
−二次性骨粗鬆症を見逃していませんか?−
P215
越山 裕行
Bone Qualityセミナー
骨の細胞は骨質を変える
P221
網塚 憲生
骨構造は骨強度をどこまで予測できるか?
P222
伊東 昌子
コラーゲンの分子間架橋(クロスリンク)は本当に
骨質因子か −コラーゲン善玉・悪玉架橋の概念
P224
斎藤  充
骨質の新指標
−アパタイトの配向性と力学機能−
P225
中野 貴由
Micro-and Nano-Tomography of Bone Using
Synchrotron Light
P226
Ralph Muler
骨石灰化度と骨力学特性
P227
真柴  賛
骨粗鬆症の診断と治療
Peak Bone Mass of the Calcaneus
and the Factors Influencing It during
Adolescence
P231-240
Yoko Takahata
骨粗鬆症性胸腰椎圧迫骨折患者の
脊椎矢状面バランスの特徴と
QOL評価および運動療法の効果
P241-248
磯見  卓他
閉経後骨粗鬆症患者の口腔内所見と
骨粗鬆症治療に伴う口腔への影響
P249-255
稲垣 幸司他