Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

日本臨床試験研究会雑誌
Jpop-VOICE
映像作品

「薬理と治療」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■薬理と治療(JPT)・バックナンバー■

2004年 32巻 増刊1号 目次

■ 特集:新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの基礎と臨床

[監修]
寺本民生(帝京大学医学部内科教授)
[監訳]
倉林正彦(群馬大学大学院医学系研究科臓器病態内科学教授)
武城英明(千葉大学大学院医学研究院臨床遺伝子応用医学教授)
吉田雅幸(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科病態代謝解析学助教授)


スタチンによるHMG-CoA還元酵素阻害の化学構造からの解析
Istvan ES, et al. Science 2001;292:1160−4.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s10


ラットにおける新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの薬物動態および体内分布
Nezasa K, et al. Xenobiotica 2002;32:715−27.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s12


ラットにおけるロスバスタチンの肝選択的分布 
―プラバスタチンおよびシンバスタチンとの比較―
Nezasa K, et al. Drug Metab Dispos 2002;30:1158−63.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s14


新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの前臨床および臨床薬理
McTaggart F, et al. Am J Cardiol 2001;87 Suppl 5A:28B−32B.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s16


健康成人男性志願者におけるロスバスタチンの代謝,排泄および薬物動態
Martin PD, et al. Clin Ther 2003;25:2822−35.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s18


新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの薬物動態に年齢,性別は影響を及ぼさない
Martin PD, et al. J Clin Pharmacol 2002;42:1116−21.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s20


健康志願者における新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの朝・夕投与による薬力学と薬物動態
Martin PD, et al. Br J Clin Pharmacol 2002;54:472−7.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s22


健康志願者におけるロスバスタチンの薬物動態に与えるケトコナゾールの影響
Cooper KJ, et al. Br J Clin Pharmacol 2003;55:94−9.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s24


ロスバスタチンの薬物動態に与えるフルコナゾールの影響
Cooper KJ, et al. Eur J Clin Pharmacol 2002;58:527−31.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s26


健康男性志願者におけるロスバスタチンとフェノフィブラート併用投与によるロスバスタチンならびにフェノフィブリン酸の薬物動態に及ぼす影響
Martin PD, et al. Clin Ther 2003;25:459−71.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s28


肝障害患者におけるロスバスタチンの薬物動態および薬力学
Simonson SG, et al.Eure? J Clin Pharmacol 2003;58:669−75.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s30


日本人高コレステロール血症患者におけるロスバスタチンの無作為用量反応性試験
SaitoY, et al. J Atheroscler Thromb 2003;10:329−36.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s32


日本人家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体患者におけるロスバスタチンの臨床的有効性および安全性
Mabuchi H, et al. J Atheroscler Thromb 2004;11:152−8.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s34


欧米人高コレステロール血症患者におけるロスバスタチンのJASガイドラインLDL-C目標値到達率
―アトルバスタチン,プラバスタチン,シンバスタチンとの比較―
Strutt K, et al. Circ J 2004;68:107−13.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s36


高コレステロール血症患者におけるLDL-Cに対するロスバスタチンの効果
Olsson AG, et al. Am J Cardiol 2001;88:504−8.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s38


高コレステロール血症患者におけるロスバスタチンおよびアトルバスタチンの用量反応性比較試験
Schneck DW, et al. Am J Cardiol 2003;91:33−41.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s40


IIa型あるいはIIb型高コレステロール血症患者におけるLDL-CおよびHDL-Cに対するロスバスタチンとアトルバスタチンの効果の比較
Davidson M, et al. Am J Cardiol 2002;89:268−75.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s42


高コレステロール血症患者におけるロスバスタチンのLDL-C低下作用 
―プラバスタチン,シンバスタチンとの無作為二重盲検比較試験―
Paoletti R, et al. J Cardiovasc Risk 2001;8:383−90.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s44


脂質比およびアポリポ蛋白比について
―冠動脈疾患との関連性ならびにロスバスタチンとアトルバスタチン,プラバスタチン,シンバスタチンとの効果比較―
Rader DJ, et al. Am J Cardiol 2003;91 Suppl 5A:20C−4C.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s46


高コレステロール血症患者および特殊な患者集団におけるロスバスタチンと他のスタチンの有効性の比較
Blasetto JW, et al. Am J Cardiol 2003;91 Suppl 5A:3C−10C.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s48


メタボリックシンドローム患者におけるロスバスタチン10 mgの有効性
Ballantyne CM, et al. Am J Cardiol 2003;91 Suppl 5A:25C−8C.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s52


複合型高脂血症を合併した 2型糖尿病患者におけるロスバスタチンとフェノフィブラートの単独および併用療法
Due?rrington PN, et al. Diabetes Res Clin Pract 2004;64:137−51.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s54


高コレステロール血症を呈する冠動脈疾患の高リスク患者におけるロスバスタチンとアトルバスタチンの有効性と安全性
Schwartz GG, et al. Am Heart J 2004;148:e4.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s57


家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体患者におけるロスバスタチンとアトルバスタチンの比較
Stein EA, et al. Am J Cardiol 2003;92:1287−93.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s59


高コレステロール血症患者に対するロスバスタチンおよびアトルバスタチン52週間投与による有効性の比較
Olsson AG, et al. Am Heart J 2002;144:1044−51.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s22


高コレステロール血症患者におけるロスバスタチンとプラバスタチンおよびシンバスタチンとの有効性および安全性の比較
―52週間の無作為二重盲検群間比較試験―
Brown WV, et al. Am Heart J 2002;144:1036−43.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s64


ロスバスタチン5 mgの有効性
Teramoto T, et al. Int J Clin Pract 2005(In press)

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s67


ロスバスタチン10−40mg/日投与におけるリスク・ベネフィット評価
Brewer HB Jr. Am J Cardiol 2003;92 Suppl 4B:23K−9K.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s70


ロスバスタチンによる腎疾患進行抑制効果
Vidt DG, et al. Cardiology 2004;102:52−60.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s73


ロスバスタチンとアトルバスタチン,シンバスタチン,プラバスタチンの各用量における有効性および安全性の比較(STELLAR試験)
Jones PH, et al. Am J Cardiol 2003;93:152−60.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s76


心血管系リスク低減効果の検討
―ロスバスタチンGALAXYプログラムTM―
Schuster H, et al. Expert Opin Psharmacother 2004;5:1187−200.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  78


新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの微小血管内皮に対する抗炎症作用 
―メバロン酸の役割―
Stalker TJ, et al. Br J Pharmacol 2001;133:406−12.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s82


骨髄由来前駆細胞による血管内皮再形成および新生内膜形成の調節 
―HMG-CoA還元酵素阻害の影響―
Werner N, et al. Arterioscler Thromb Vasc Biol 2002;22:1567−72.

Jpn Pharmace?ol Ther 2004 32(s1)  s85


新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンのeNOS アップレギュレーション作用を介したマウスにおける脳虚血保護作用
Laufs U, et al. Brain Res 2002;942:23−30.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s88


新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ロスバスタチンの血管および心保護への直接作用
Jones SP, et al. J Am Coll Cardiol 2002;40:1172−8.

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(s1)  s90