ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

薬理と治療(JPT)

2004年 32巻 9号

■ SERIES

第27回日本高血圧学会総会・臨床シンポジウム 「2004年高血圧治療ガイドライン」

■ SERIES:CP Report 急性大動脈解離(内科)

クリニカルパスでさらに生かす専門性
―早期のリハビリ開始をめざして―

岩手医科大学附属循環器医療センターCCU/第2内科

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 527-33

■ ORIGINAL ARTICLES

注射用フルコナゾール製剤(フルコナール静注液0.2%およびジフルカン静注液0.2%)のCandida albicansに対するin vitroおよびin vivo抗真菌作用

沢井製薬(株)

徳永 哲洋ほか

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 537-41


麻酔イヌおよびラットにおける塩酸ニカルジピン製剤(ニカルピン注およびペルジピン注射液)の循環器系に及ぼす作用

沢井製薬(株)

田中 祥之ほか

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 543-9


抗癌剤5-フルオロウラシルによる胃粘膜障害に対するヒスタミンH2拮抗薬ラフチジンの効果

京都薬科大 

中桐 朱理ほか

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 551-60


鼻茸線維芽細胞からの好酸球遊走因子,RANTES,eotaxin産生に及ぼす塩酸エピナスチン(アレジオン)の効果

昭和大 

浅野 和仁ほか

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 561-7

■ BRIEF COMMUNICATION

Fosfomycinの交差反応性に関する検討
―モルモット遅延型過敏反応試験による比較―

明治製菓 

田中 正志ほか

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 571-6

■ SECONDARY PUBLICATION

塩酸パロキセチン水和物(パキシル)の強迫性障害に対する臨床評価
―プラセボを対照とした二重盲検比較試験―

昭和大

上島 国利ほか

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 577-91

■ TOPICS:EBMと臨床薬理─エビデンスをどう使う─(第10回浜名湖セミナー)

【基調講演】

論文の批判的吟味について

京都大

中山 健夫

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 597


【ワークショップ 症例1. 高血圧:ALLHAT等より】

Pro:長時間作用型のCa拮抗薬使用「推進派」コメント

明治薬大

越前 宏俊

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 600


Con:長時間作用型のCa拮抗薬の使用「慎重派」コメント

浜松医大

山田 浩

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 601


【ワークショップ 症例2. 高脂血症:WOSCOPS, J-LIT等より】

Pro:スタチン系抗高脂血症薬使用「推進派」コメント

鳥取大

長谷川 純一

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 603


Con:スタチン系抗高脂血症薬使用「慎重派」コメント

浜松医大

渡邉 裕司

Jpn Pharmacol Ther 2004 32(9) 605


【教育講演】

臨床研究デザイン
―観察研究・ケースコントロール研究のすすめ―

東京慈恵会医大

松島 雅人