Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品

「セラピューティック・リサーチ」は,下記サイトにて論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です。

医学文献検索メディカルオンライン
PierOnline
■セラピューティック・リサーチ・バックナンバー■

2003年 24巻 3号 目次

■ 座談会

慢性心不全と睡眠呼吸障害
−在宅酸素療法の新しい可能性−

p313-20

篠山 重威(浜松労災病院院長)
麻野井 英次(富山医科薬科大学第二内科)
和泉 徹(北里大学医学部内科学II)

■ State of the Art

臨床高血圧レビュー 2001 July-2002 June

p321-84

今井 潤 (東北大学大学院薬学・医学系研究科臨床薬学)

■ Symposium:第5回GAS研究会

I-1.カップケーキを用いた13C-Octanoate呼気試験による胃排出能の検討

p389-90

山本 貴嗣 (帝京大学医学部内科)他


I-2.13C呼気試験による胃排出測定
−“Velocity”からみた胃排出動態とProkinetics−

p391-5

財 裕明 (東海大学医学部消化器内科)他


I-3.13C呼気試験法(13C法)による食道切除後再建胃管の排出能評価の試み

p396-7

中田 浩二 (東京慈恵会医科大学外科)他


I-4.造影剤含有カプセル法による糖尿病患者の胃運動機能の検討

p398-9

安部 潔 (東京警察病院消化器センター内科)他


II-1.糖尿病性胃腸症モデルにおける消化管ペースメーカーの障害

p400-2

高山 一郎 (東海大学医学部消化器内科)他


II-2.Functional Dyspepsia(FD)とQOL(Quality of Life) 

p403-6

楠 裕明 (川崎医科大学内科学消化器II)他


II-3.胃排出能と神経精神的要因からみたFunctional Dyspepsiaの病態について

p407-9

富永 和作 (大阪市立大学大学院消化器器官制御内科学)他


II-4.検診受診者における腹部症状の検討

p410-3

渡辺 勝志 (名古屋市立大学大学院医学研究科臨床機能内科学(第一内科))他


III-1.慢性腎不全患者における消化器症状および胃運動機能の検討

p414-6

神谷 武 (名古屋市立大学大学院医学研究科臨床病態内科学(第三内科))他


III-2.経腸栄養剤が内因性コレシストキニン(CCK)分泌,胃排出および胆嚢収縮に及ぼす影響

p417-8

田代 充生 (産業医科大学第3内科)他


III-3.小児外科分野におけるモサプリド使用の経験

p419-21

神山 隆道 (東北大学大学院医学系研究科小児外科学分野)他


IV-2.全十二指腸切除後のイヌ十二指腸乳頭括約筋運動に対するCCKの影響

p422-4

董 茂盛 (九州大学医学研究院臨床・腫瘍外科)他


IV-3.胃局所切除後の消化管運動機能障害

p425-8

達富 祐介 (東京大学医学部胃食道外科)他


V-1.慢性内臓過敏はセロトニン経路を介して大腸運動に対するストレスの影響を助長する?

p429-31

西山 仁 (長崎大学医学部第二内科)他


V-2.モサプリドによる排便反射(直腸-直腸反射と直腸-内肛門括約筋反射)の促進効果

p432-5

島谷 英彦 (奈良県立医科大学第一外科学教室)他


【特別講演】

消化管運動機能異常に関する最新の知見
−欧米における考え方−

p436-44

高橋 徳 (米国デューク大学消化器外科助教授)

■ Symposium:第25・26回東京糖尿病性腎症セミナー

【第25回特別講演】

Metabolic and Haemodynamic Factors Play a Central Role in Mediating Diabetic Nephropathy

p447

Mark E. Cooper (Department of Medicine, University, Melbourne, Austin and Repatriation Medical Centre)


【第26回一般演題】

血漿型PAF-AH活性および,その遺伝子多型と2型糖尿病患者の腎症との関連

p448-9

藤原 淳 (福島県立医科大学第二内科)他


【第26回特別講演】

21世紀の腎形態学者の夢
−生体内腎糸球体の動的微細構造を探る−

p450-4

大野 伸一 (山梨大学医学部解剖学講座第1教室)

■ Symposium:第29回東海ペースメーカー研究会

2.橈側皮静脈切開法が不可能であった症例の検討
−内科医師の立場から−

p457-9

佐野 宏明 (名古屋第一赤十字病院循環器科)他


3.Brugada症候群の診断確定に高位右側胸部誘導が有用であった1例

p460-3

森島 逸郎 (大垣市民病院循環器科)他


4.心房性不整脈の診断と治療におけペースメーカー内蔵ホルター機能の評価

p464-7

水谷 登 (愛知医科大学循環器内科)他


5.心不全症例の両室ぺーシング治療は心室性不整脈発生のリスクを減少させるか?

p468-72

須賀 幾 (埼玉医科大学循環器内科)他


6.両室ペースメーカー(InSync)の併用後に植込み型除細動器の不適切作動をきたした拡張型心筋症の1例

p473-7

山口 隆 (埼玉医科大学循環器内科)他


7.LV Pacingが有効であった重症心不全の2例

p478-80

伊藤 豊 (市立四日市病院胸部外科)他

■ 原 著

摘出モルモット気管標本を用いた種々β2アドレナリン受容体刺激薬の弛緩作用の比較−固有活性を焦点として−

p485-93

池園 勝美 (大塚製薬株式会社薬効開拓研究所)他