医工薬連環科学が果たす役割と可能性―高槻家の成長に寄り添う医療
医工薬連環科学が果たす役割と可能性―高槻家の成長に寄り添う医療
■ 編集 ■
関西大学・大阪医科大学・大阪薬科大学 医工薬連環科学教育研究機構  
ISBN978-4-89775-369-0
B5判,144頁,4色刷
2018年3月19日発売
定価 (本体3,200円+税)

「高槻家」に起こるできごとを通して,医療に関わる技術をわかりやすく解説

本書は,関西大学・大阪医科大学・大阪薬科大学 医工薬連環科学教育研究機構により行われている,「医工薬連環科学」の講義カリキュラムをもとにしたものです。「高槻家」の日常に起こるできごとを通して,医療にどのような技術が関わり,それぞれがどのように関連しているのかを紹介します。医療に直接関わる医師,看護師,薬剤師,また医療を支える製薬技術者,工学技術者が,他分野のものの考え方やとらえ方を知ることによって,互いの役割や存在意義を理解し,真のチーム医療を目指すことができるようになるでしょう。(「まえがき」より)

■ 目次 ■
第0章 医工薬連環科学を学ぶ意義
第1章 現代病とその治療を支える医工薬連環科学
第2章 医薬品と医工薬連環科学~薬が効くしくみから製品開発まで
第3章 超高齢社会を支える医療と医工薬連環科学