忘れられない患者さん 名医たちが語る統合失調症とは
忘れられない患者さん 名医が語る統合失調症とは
2018年1月22日発売予定・予約受付中!
■ ライフサイエンス出版 医療編集室 編 ■
ISBN978-4-89775-364-5
四六判並製222頁
2018年1月22日発売
定価 (本体1,800円+税)

精神科で人気の名医たちが赤裸々に語るインタビュー集(一部寄稿)。

診断に迷う、治療方針に悩む、これは誤診? 医療制度に腹が立つ! そんなとき百戦錬磨の精神科医たちはどうしてきたか。 医学教科書には載っていない「現場の苦悩と知恵」が満載。 問診の秘訣、難治例、悩み抜いた症例の数々etc.……名医たちはいったい何を語ったのか。

(本書より)
いったい全体、統合失調症という病気は治るんでしょうか?(臺弘)
精神科医は本当に切ない仕事ですよ。(北山修)
不思議な治り方をする患者が確かにいる。(中井久夫)
心は病まない。(神田橋條治)
医療に保安的、予防拘禁的な役割を持ち込むのは絶対にいけない。(伊藤哲寛)
薬を飲ませて寝かせているだけなんてアホでもできる。(新井昭紀)
俺は忘れた患者ばっかりだ(笑)。(計見一雄)
「オナラ、ブー!」で緘黙が取れちゃった。(蟻塚亮二)
ゼムクリップを飲んだ少年。(野村総一郎)
BPDではなく慢性期統合失調症だった。(牛島定信)
病院への出勤は気が重く、夜も思い出しては苦渋を噛みしめた。(原田憲一)

■ 目次 ■
第1章 私の診察技法、問診の秘訣とは
第2章 思いがけない自死、患者さんを失うということ
第3章 治った! 改善した! さまざまな状況からどう回復していったのか
第4章 鑑定、難治例、診断、医療制度、悩み抜いた症例の数々
第5章 胸を刺した、あの言葉
第6章 患者さんとともに歩んできた道