人は、人を浴びて人になる ー心の病にかかった精神科医の人生をつないでくれた12の出会い
人は、人を浴びて人になるー心の病にかかった精神科医の人生をつないでくれた12の出会い
■ 著者 ■
夏苅郁子(児童精神科医)
ISBN978-4-89775-362-1 C0095
四六判、並製、カバー4色、本文1色、208ページ
2017年8月
定価 (本体1,500円+税)

「私を回復に導いたのは「薬」ではなく「人」だった」

生きていくことに疲れ、二度の自殺未遂を起こした著者が、大切なことに気づかせてくれた人達との「出会い」、
そして1本の道でつながっている人生を振り返る自伝的エッセイです。

プロフィール
夏苅郁子(なつかり いくこ)
1954年、北海道札幌市生まれ。浜松医科大学医学部卒業後、同精神科助手、共立菊川病院、神経科浜松病院を経て、2000年、静岡県焼津市に「やきつべの径診療所」を夫と共に開業。 精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本児童青年精神医学会認定医、日本うつ病学会、日本統合失調症学会会員。
夏苅氏と患者さんのご家族

ウェブサイト「JPOP-VOICE統合失調症と向き合う」で夏苅氏のインタビュー動画
http://jpop-voice.jp/schizophrenia/s/1203/01.html)をご覧いただけます。
コラム( http://jpop-voice.jp/schizophrenia/plus/1307/00.html)も掲載中。
■ 主な内容 ■
まえがき ずっと誰かに支えられて生きてきた
序章 患者の家族として、患者として、そして医師として
第1章:「患者の家族」としての子供時代
第2章 自分が「患者」になった時
第3章:「医師」として生きると決めた時
終章 母と父への手紙
あとがき 人は、人との出会いで変わることができる