骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版
■ 編 集 ■
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会
(日本骨粗鬆症学会 日本骨代謝学会 骨粗鬆症財団)
■ 委員長 ■
折茂 肇
ISBN978-4-89775-339-3 C3047
A4国際判,208頁,2色刷
定価 (本体2,800円+税)

超高齢化を背景に,わが国の骨粗鬆症患者は1300万人を超え,今なお増加の一途をたどっている。
2011年版刊行後に蓄積された数多くの知見,新たなエビデンスの集大成であり,
重要な基準の改訂を反映した臨床家・研究者必携のガイドライン。
 骨粗鬆症の領域における,基礎・臨床研究の進歩はとどまることなく,診断と治療戦略に影響を与える大きな変化が起こってきている。これらの新たなエビデンスを取り入れ,内容を見直し,改訂を行っていくことはガイドラインとして当然の使命である。
 「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版」が発表されて以降,「原発性骨粗鬆症の診断基準2012年度改訂版」,「椎体骨折評価基準2012年度改訂版」,「骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン2012年版」,「ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版」など,本領域における重要な基準の改訂が相次いだ。また,複数の新規薬剤や既存薬の新たな剤形が登場したことから,2011年版を改訂し2015年版を刊行することになった。
(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会 委員長 折茂 肇)
 ■ 主な内容 ■
I 骨粗鬆症の定義・疫学および成因

骨粗鬆症の定義および概念/骨粗鬆症の疫学/骨粗鬆症の成因−骨強度低下のメカニズム−/骨粗鬆症の予後

II 骨粗鬆症の診断

総論/骨評価/骨粗鬆症性骨折の診断/骨代謝マーカー測定/鑑別診断/診断基準

III 骨粗鬆症による骨折の危険因子とその評価
IV 骨粗鬆症の予防

若年者の予防/中高年者の予防/転倒リスク評価と転倒予防/骨粗鬆症検診)

V 骨粗鬆症の治療

治療の目的と開始基準/治療効果の評価と管理/骨粗鬆症の一般的な治療(薬物以外)/骨粗鬆症の薬物治療

VI 続発性骨粗鬆症

総論/疾患関連骨粗鬆症/治療関連性骨粗鬆症