いろいろな分野のエビデンス
温泉から国際援助までの多岐にわたるRCTやシステマティック・レビュー
いろいろな分野のエビデンス温泉から国際援助までの多岐にわたるRCTやシステマティック・レビュー
津谷喜一郎 編著
東京大学大学院薬学系研究科客員教授
東京有明医療大学保健医療学部特任教授
ISBN978-4-89775-308-9 C3047
B5判・172ページ
2015年7月発行
定価 (本体2,800円+税)

いろいろな分野で行われているRCTやシステマティック・レビューを紹介した一冊
本書の読者は3通りが予想される。第1は,本書で取り上げられたトピックのエビデンスの現状,そこでのRCTやSRの実際を知りたい方である。第2は,さまざまな領域で「エビデンス」や「システマティック・レビュー」などの言葉を見たり聞いたりして,「それはなんだろう? 」「他の領域ではどういう動きがあるのだろう? 」と感じた方である。第3に,ある技術がどのように他の領域へ浸透していくのか,科学社会学のケーススタディとして読む方もおられるかもしれない。すでにRCTやSRが多くの領域で行われていることを知っていただき,今後,各領域でエビデンスがさらに蓄積され,より合理的な意思決定がなされることを期待したい。
(「序文」より)
■ 主な内容 ■

第1章 RCTとSRの過去・現在・未来 (東京大学・津谷喜一郎)

第2章 栄養領域のRCTとSR (帝京大学・山岡和枝)

第3章 運動による健康教育のSR (身体教育医学研究所・高橋美絵)

第4章 温泉利用による健康教育のRCTとSR (東京農業大学・上岡洋晴)

第5章 教育分野でのRCT (国立教育政策研究所・岩崎久美子)

第6章 司法領域のRCTとSR (静岡県立大学・津富 宏)

第7章 国際援助のRCTとSR (国際医療福祉大学・正木朋也)

第8章 介護予防のSR −2006年実施の改正介護保険法との関係− (日本福祉大学・二木 立)

   コメント 社会政策論・社会福祉論の観点から (お茶の水女子大学・平岡公一)

第9章 助産領域のRCTとSR (聖路加看護大学・片岡弥恵子)

   コメント 本邦における看護学領域の評価研究 (東京大学・真田弘美)

第10章 精神保健福祉プログラムのRCT (日本社会事業大学・大島 巌)

第11章 家族心理教育のRCT (東京学芸大学・福井里江)

第12章 薬物依存治療プログラムのRCT (目白大学・原田隆之)

Appendix パネルディスカッション