骨粗鬆症 検診・保健指導マニュアル<第2版>
骨粗鬆症 検診・保健指導マニュアル<第2版>
■ 企画 ■
骨粗鬆症財団
■ 監修 ■
折茂  肇(骨粗鬆症財団理事長/健康院クリニック院長)
■ 編集 ■
細井 孝之(健康院クリニック副院長)
曽根 照喜(川崎医科大学放射線医学(核医学)教授)
B5判,96頁
ISBN 978-4-904622-01-8 C3047
発行 ライフサイエンス出版
販売 ライフサイエンス企画
2014年6月発行

こちらの商品は、ライフサイエンス企画からのお届けとなります。
ご注文はFAX(03-3664-7735)にてお願いいたします(FAX用紙はこちら)。
(お問い合わせは、ライフサイエンス企画 TEL:03-3664-7901まで)

定価 (本体2,000円+税)

健康増進法に基づく骨粗鬆症検診と保健指導のすべて
本書は、検診担当者・保健指導者の手引き書となっている『老人保健法による骨粗鬆 症予防マニュアル第2版』(厚生省老人保健福祉局老人保健課.平成12年)(2000 年)の最新解説版として位置づけられるものです。検診については従来の方法を遵守 し、『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版』(ライフサイエンス出版、 2011)や原発性骨粗鬆症の診断基準などに基づいて、検診と保健指導を行ううえで必 要な骨粗鬆症の最新知識やデータを掲載しました。また、指導現場からの疑問に答え るQ&Aや啓発資料を作成するうえで参考となる巻末の保健指導シートの例も、検診・ 保健指導の現状に合わせて、より実務に役立つ内容にしました。
(監修者序より)
 ■ CONTENTS ■
第1章 検診・保健指導の目的と課題
  1. 骨粗鬆症対策における検診の意義
  2. 検診・保健指導の現状
  3. 求められる多角的な取り組み
第2章 検診の実際
  1. 検診の対象と医療面接
  2. 骨量測定法
  3. 骨量測定時の注意点
  4. 判定基準
  5. 骨量減少例に対する考え方
第3章  予防のための保健指導
  1. 検診時の保健指導の意義
  2. 栄養指導
  3. 運動指導
  4. 転倒予防
第4章 要精検者への対応
  1. 医療機関との連携
  2. 精密検査・鑑別診断
  3. 骨粗鬆症の診断基準
  4. 治療
■ 資料
■ 保健指導シート
  1. カルシウムを多く含む食品
  2. ビタミンD,Kを多く含む食品
  3. 骨粗鬆症予防・改善体操
  4. 毎日続けようロコモ運動
  5. 転倒予防のために安全な住まいづくりを
  6. 骨粗鬆症検診での医療面接票(例)
  7. 骨の健康度チェック表