<ダイジェスト版>骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版
<ダイジェスト版>骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版
■ 監 修 ■
折茂 肇 (骨粗鬆症財団理事長)
■ 編 集 ■
中村 利孝 (産業医科大学整形外科)
細井 孝之 (国立長寿医療研究センター)
ISBN978-4-89775-300-3 C3047
B5判 40ページ 2色刷
2012年2月
定価 (本体500円+税)

『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版』(2011年12月刊)の主要36項目を1項目1ページで解説。

豊富な図表と的を絞った解説で、『ガイドライン』のポイントがひと目でわかる(『ガイドライン』に掲載されていない図表も多数収録)。
臨床医、医療従事者、保健行政担当者に最適の一冊。

 ■ 主な内容 ■

概念と定義/疫学/成因/予後

診断手順/臨床像/医療面接・身体診察/骨評価/骨折の診断/骨代謝マーカー測定/鑑別診断/診断基準

骨折の危険因子

予防/転倒予防/検診

薬物治療開始基準/治療効果の評価/一般的治療(薬物以外)/治療薬の推奨のまとめ/女性ホルモン薬/アルファカルシドール、カルシトリオール/エルデカルシトール/メナテトレノン(ビタミンK2)/エチドロネート/アレンドロネート/リセドロネート/ミノドロン酸/ラロキシフェン/バゼドキシフェン/カルシトニン薬/テリパラチド(遺伝子組換え)/併用療法

疾患関連骨粗鬆症/生活習慣病関連骨粗鬆症/治療関連骨粗鬆症