若手臨床医のための実践骨粗鬆症臨床研究の仕方とまとめ方
実践骨粗鬆症臨床研究の仕方とまとめ方
■ 編・著 ■
五來 逸雄
(前 国際医療福祉大学熱海病院産婦人科/現 産育会堀病院産婦人科)
ISBN 978-4-89775-296-9
B5判,116ページ
2011年11月発行
実践骨粗鬆症臨床研究の仕方とまとめ方
定価 (本体1,800円+税)

骨粗鬆症に特化した臨床研究のノウハウを余すところなく紹介

臨床家が現場から情報を発信するためには,実際に臨床研究に参画して, その成果を論文としてまとめ,それを公表することが必要である。

その手立ての一つとして,骨粗鬆症に携わる若い医師,研究者を念頭に置いて,実践的な臨床研究の方法とその成果のまとめ方を, 骨粗鬆症診療の経験豊富な著者がわかりやすく解説する。

 ■ 目次 ■
  1. EBM時代の臨床研究のあり方
  2. 臨床試験における科学性:ランダム化比較試験
  3. 臨床研究(治験)審査委員会とインフォームド・コンセントについて
  4. 臨床試験のプロトコール作成手順
  5. 臨床研究の進め方
  6. 臨床試験データの解析方法とまとめ方
  7. 論文作成時の要点
  8. 英語論文の書き方
  9. 論文投稿および査読者に対する対応(海外雑誌を含む)
  10. 国内・国際共同研究への参加(A-TOP研究会など)