Dr.オーハシの医療統計よもやま
Dr.オーハシの医療統計よもやま
■ 監 修 ■
大橋 靖雄
(東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻生物統計学教授)
ISBN 978-4-89775-260-0 C3047
A4判 全80ページ
2008年12月発行
定価 (本体2,200円+税)

医療統計の第一人者<Dr. オーハシ>の世界を駆けめぐる
Up to Dateよもやま話,ついに完結!!

著者曰く「連載を振り返り,臨床試験変革期のルポルタージュを書いた気分に襲われている」

癌治療最新情報を提供するサイト「Cancer Care Online」に好評連載の「医療統計よもやま」を単行本化。 ある時はオックスフォードから,そしてある時はサンアントニオから,シカゴから。論文の書き方あり,ベイズ統計学を論じ,日本の臨床試験の行く末を案ずる。 医療統計第一人者の頭の中がリアルタイムに開陳されている。

医療統計者,臨床試験に携わる方々,医学論文執筆に際して頭を抱えている方,一読後は,世界を股にかける<Dr.自分>に出会えます。

 ■ 主な内容 ■

● ランダム化
● メタアナリシスはどこに行く?
● 胃癌術後補助療法にTS−1が有効! −中間解析と試験中止報道をめぐって
● 臨床試験結果は信じられるか? −臨床試験データマネージメント
● 臨床家が臨床試験方法論・統計学をいかに学ぶか
● 仮説検定に関する誤解 ─分散が異なるときt検定を使ってはいけない,は真実ではない
● ゲフィチニブ(イレッサ)臨床試験結果をどう読むか
● 誰が支払うか? ─高額ながん治療薬の経済的インパクト
● 臨床試験のデザイン:複数因子を組み合わせる多因子要因試験
● ベイズ統計学
● 公正な臨床試験結果の公表
● 論文をどう書くか第13回
● リスク因子の評価:相関と個別予測性のギャップ 第14回
●_ 個別化治療をどう確立するか? バイオマーカーにより標的を限定する臨床試験デザイン第15回 ● ASCOのトピックから─ ようやく日本でも臨床研究の構造改革か? 第16回
● Adaptive design:臨床試験方法論の革命か,イカサマか?