<ダイジェスト版>骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2006年版
ダイジェスト版 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2006年版
■ 監 修 ■
折茂  肇(健康科学大学学長)
■ 編 集 ■
中村 利孝(産業医科大学整形外科教授)
福永 仁夫(川崎医科大学放射線医学(核医学)教授)
ISBN978-4-89775-232-9
B5判 32ページ
2006年12月発行
定価 (本体286円+税)

1頁に1項目の内容がまとめられており、図表は豊富なのに
文章量が最小限にしぼりこんであるため短時間で早わかりできる。
臨床医、医療従事者、保健行政担当者に最適な1冊。
 ■ 主な内容 ■
(I)骨粗鬆症の定義・疫学および成因
(II) 診断・骨粗鬆症による骨折の危険因子

臨床像、医療面接・身体所見、骨評価、診断基準など

(III) 予防

骨粗鬆症の予防、転倒予防

(IV) 治療

治療の目的・薬物治療開始基準、食事指導、運動指導、 病態・病期ごとの薬剤選択の考え方、各薬剤の推奨、薬剤の各論

(V) 続発性骨粗鬆症
資料

原発性骨粗鬆症の診断手順、骨粗鬆症による骨折の危険因子、 ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療など

<本書見本ページ>

本書見本ページ