骨代謝と活性型ビタミンD ―過去と現在、そして未来―
骨代謝と活性型ビタミンD ―過去と現在、そして未来―
■ 監 修 ■
中村 利孝
(産業医科大学整形外科)
松本 俊夫
(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体情報内科学)
加藤 茂明
(東京大学分子細胞生物学研究所核内情報分野)
ISBN 978-4-89775-225-6
A4判 160ページ
2006年9月
定価 (本体2,800円+税)

ビタミンD研究、骨代謝研究、骨粗鬆症をはじめとする
代謝性骨疾患の診療に携わる研究者・臨床医に最適の一冊

ビタミンDの基礎・臨床研究において、わが国の研究者の貢献はきわめて大きいものがある。 また、現在進められている活性型ビタミンD誘導体の開発においても、わが国の研究が世界をリードしている。

本書は、わが国で活性型ビタミンD製剤の臨床応用が開始されて25年を迎えるにあたり、 とりわけ骨代謝制御における活性型ビタミンDの役割に焦点を当て、その研究の歴史を振り返るとともに最新の成績をまとめ、 さらに将来を展望するべく企画された。

 ■ 主な内容 ■
世界に誇るわが国のビタミンD研究―序に代えて
須田立雄

序説 活性型ビタミンDと骨・カルシウム代謝
尾形悦郎

I ビタミンDの作用機序
武山健一、北川浩史、加藤茂明

II 活性型ビタミンDの骨への作用
井上大輔、田中栄、中村利孝、
山口朗、池田恭治

III 活性型ビタミンDの臨床効果
竹内靖博、持留成年、杉本利嗣、
西沢良記、高橋文明

IV 骨粗鬆症の治療の諸問題と活性型ビタミンD3の臨床応用
岡崎亮、岡野登志夫、白木正孝、
佐久間真由美