ライフサイエンス出版株式会社

●会社概要  ●転載許諾について  ●お問い合わせ

menu

 

弊社サイトから購入する

NIHによる米国喘息教育・予防プログラム
妊娠中の喘息管理:薬物療法ガイド
(ワーキング・グループ報告 2004年改訂版 日本語版)

Working Group Report on Managing Asthma During Pregnancy: Recommendations for Pharmacologic Treatment Update 2004
U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES/National Institutes of Health/National Heart, Lung, and Blood Institute

ISBN 4-89775-211-6/ISBN 978-4-89775-208-2
定価(本体2,400円+税)

■ 監 修 ■ 宮本 昭正
■  訳  ■ 井上 洋西

国際A4版 全45ページ
2005年7月発行

喘息を合併した妊婦には,どのような治療が望ましいのか

膨大なエビデンスをレビューし,その疑問に取り組んだ報告書が,米国NIH(国立衛生研究所)から 改訂・刊行された。本書はその日本語版である。望ましい治療を行うために役立つ情報・手段を分かりやすく示す,実践の書。

■主な内容■

  • IA. はじめに
  • IB. 本報告の作成に用いた方法
  • IC. 要旨
  • II. エビデンスの系統的レビュー
    • A. 妊娠アウトカム(結果)に関する薬剤の影響の評価について
    • B. 薬物分類ごとにまとめたエビデンスの系統的レビュー
      • 気管支拡張薬:βアドレナリン作用性刺激薬
      • 気管支拡張薬:テオフィリン
      • 抗コリン薬
      • 吸入ステロイドと妊娠
      • 経口(全身性)ステロイドと妊娠
      • クロモリンナトリウム
      • ロイコトリエン修飾薬
  • III. 妊娠中の喘息管理
    • 喘息管理における4項目
    • 喘息コントロールを達成し維持するための段階的アプローチ
    • 妊娠中における喘息急性増悪の管理
    • 分娩中の喘息管理
  • 付録A・B:
    • 図(妊娠中・授乳中の喘息管理の段階的アプローチ/妊娠中・授乳中における長期管理[コントロール]薬の一般的な投与法/吸入ステロイドの1日あたりの推定投与量の比較/妊娠中・授乳中の喘息増悪管理:自宅での治療法・救急外来および病院での治療法/妊娠中・授乳中の喘息増悪時の薬物治療と投与量/喘息を悪化させる環境因子の管理法[要旨])