わかりやすい透析食 
わかりやすい透析食
■監 修■
小川洋史(新生会第一病院院長)
■編 集■
井上啓子(新生会第一病院臨床栄養科
■著 者■
井上啓子(新生会第一病院臨床栄養科)
平賀恵子(新生会第一病院臨床栄養科)
村上憲吾(新生会第一病院臨床栄養科)
ISBN 4-89775-175-6 C2077/ISBN 978-4-89775-175-7
B5判,164ページ
2002年11月発行
定価 (本体1,500円+税)

日本の血液透析技術は世界最高水準といわれ、長期に透析治療を続けている方もたくさんいらっしゃいます。 日常生活のなかで、1日3回の食事管理を透析療法と合わせどう日常化させ、 定着させていくのかは安定した透析生活を送る上で重要なキー・ポイントになります。 本書は、透析食の基本としての栄養バランスや水分・塩分・カリウム・リンのとり方に加え、 高齢者の場合の工夫や貧血・胃腸不快時・便秘・正月料理の注意点・外食の選び方までを紹介しました。 また、簡単に作れる料理を40組、作り方と栄養量、 糖尿病性腎症でエネルギーコントロールが必要な場合の応用パターンとして「透析糖尿病食への展開」も示しました。 料理は1食分の組み合わせですが、主菜・副菜・副々菜の組み合わせ方も参考にして頂けると思います。

<本書見本ページ>

本書見本