わかりやすい動脈硬化−診断と治療の手引き−
わかりやすい動脈硬化−診断と治療の手引き−
■ 監 修 ■
寺本 民生(帝京大学医学部内科教授)
桑島  巌(東京都老人医療センター循環器科部長)
ISBN 4-89775-174-8 C3047/ISBN 978-4-89775-174-0
B5判,152ページ
2002年9月発行
定価 (本体3,000円+税)

実施診療に必ず役立つ一冊,わかりやすい内容で刊行

近年,動脈硬化症の病態解明の進展と相まって, 動脈硬化を簡便かつ定量的に測定する診断機器も臨床応用されるようになった。 また,新しい薬物の登場によって動脈硬化の進展を抑制し退縮させることも可能になりつつある。 本書は,第一線の専門家が診断・治療の水準を平易に解説し, 臨床の場で応用できる手引き書として企画された。 漠然とした診断名である「動脈硬化」を理解し,的確な治療と評価をめざす実地医家に最適の書。

 ■ 主な内容 ■
I.動脈硬化の成り立ちを理解する

1.動脈硬化とはなにか/2.危険因子のとらえ方

II.動脈硬化の新しい診断法

1.血液マーカ/2.非侵襲的診断/3.動脈硬化の画像診断

III.動脈硬化と合併症
IV.治療:動脈硬化の退縮にむけて

1.生活習慣の改善/2.薬物治療