続発性骨粗鬆症の治療マニュアル
続発性骨粗鬆症の治療マニュアル
■ 企画編集 ■
日本骨粗鬆学会
■ 執筆者 ■
中塚喜義(大阪市立大学
和田誠基(埼玉医科大学)
重松 隆(国立佐倉病院)ほか
ISBN 4-89775-149-7
ISBN 978-4-89775-149-8
A5版 152ページ
2000年10月発行
定価 (本体1,900円+税)

臨床医家待望の実践的治療マニュアル!!

近年増加している続発性骨粗鬆症は,原発性骨粗鬆症と比較して重症で, QOLが低下していることが多いにもかかわらず,その基本的な管理指針は未確立である。 本書は一般臨床医,研修医を対象とした続発性骨粗鬆症に関する初めての治療マニュアルである。 基礎疾患ごとに,どのように診断し,どのように治療するかを極めて実践的に解説した。

本書を推薦します

「続発性骨粗鬆症の重要性が増しつつある現在において本書が出現した意義は大きい。」

西沢良記(大阪市立大学医学部第二内科教授)

「原疾患治療と骨粗鬆症治療の関わりを,わかりやすく実践的に解説している。」

松本俊夫(徳島大学医学部第一内科教授)