Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン バックナンバー■

2014年 23巻 3号

第16回日本骨粗鬆症学会 特別講演

「骨粗鬆症性椎体骨折Up to Date」

p5-7

第16回日本骨粗鬆症学会 シンポジウム7

「骨折後の再評価:骨折連鎖の防止に向けて
   リスク評価と薬物・運動療法の評価をめぐって」

p9-12

第16回日本骨粗鬆症学会 シンポジウム5
 「大腿骨頚部骨折UPDATE」

大腿骨近位部骨折の疫学:国内外の実状

p15-9

遠藤 直人


整形外科医の骨粗鬆症性骨折に対する意識と大腿骨頚部骨折クリニカルパスの問題点

p20-4

石井 光一他


大腿骨近位部骨折地域連携パス−静岡県西部広域連携パスの現況−

p25-8

森  諭史


大腿骨近位部骨折とサルコペニアについて

p29

原田  敦他


大腿骨近位部骨折の薬物療法

p30

楊  鴻生他

第16回日本骨粗鬆症学会 海外招待講演

「英国大腿骨近位部骨折データベースの開発−その発展と学ぶ点は?−」(要約)

p31-2

煖エ 榮明

CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療

橈骨遠位端骨折術後の骨粗鬆症患者におけるテリパラチドの有用性

p39-43

太田 裕彦他


佐渡市における大腿骨近位部骨折の現状

p45-9

鈴木 勇人他

第10回(平成26年度)リリー研究助成成果報告

椎体の構造解析による骨粗鬆症の進行と新規骨折の予測

p55-60

東  華岳他


テリパラチド連日投与終了後の骨吸収亢進状態に対するビスホスホネートとデノスマブによる骨吸収抑制効果の比較検討

p61-5

蛯名 耕介他


MRIを用いた腰椎椎体骨のIntravoxel Incoherent Motion解析

p66-9

大野 直樹


関節リウマチ患者において血清ビタミンD値は転倒と関連するのか? −IORRAコホートを用いた検討−

P70-3

越智 健介他


骨粗鬆症および膠原病疾患患者における非定型大腿骨不全骨折の発生頻度およびその臨床経過に関する縦断研究

p74-7

近藤 直樹他


Should Bone Turnover be Suppressed Quickly after Daily Teriparatide Treatment?

p78-82

Takashi Nagai, et al


テリパラチド,デノスマブを用いた関節リウマチ性骨粗鬆症における骨密度,骨代謝マーカーの短期変化

p83-4

中村 幸男他


新鮮椎体骨折に伴う痛みと骨折椎体の可動性について

p85-6

新美  塁他


地域一般住民における骨代謝マーカー血清TRACP-5bと生活習慣や栄養摂取量との関連についての疫学的検討

p87-92

深水 亜子

第21回近畿骨粗鬆症研究会

【一般演題】

p97-9

難治性大腿骨近位部骨折に対するPTH製剤の使用経験

小倉 宏之他


胃食道逆流症を合併した骨粗鬆症患者へアレンドロネート点滴製剤を使用した症例の検討

p100-4

煢ョ  豊


Daily PTHとLIPUSによる治療経験−慢性腎不全を伴うMRSA感染性偽関節に対して−

p105-8

伊東 靖宜他


【パネルディスカッション】

「閉経後骨粗鬆症におけるビスホスホネート」  

p109-13