Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン・バックナンバー■
2006年 3号
前日本骨粗鬆症学会理事長・森井浩世先生を偲んで 
森井浩世先生を偲んで p13-14
高橋 榮明
森井浩世先生の急逝を偲んで p15-16
西沢 良記
第16回婦人科骨粗鬆症研究会
加齢による骨の変化
−グリコサミノグリカン糖鎖からみた検討−
p23-26
谷口 綾亮他
骨代謝調節因子であるOPGおよびsRANKLの
加齢変動について
p27-28
尾上 佳子他
閉経女性における骨密度と
血管内皮機能に関する検討
p29-31
児玉 一郎他
閉経女性の骨密度とACE遺伝子多型の
関連性に関する検討
p32-34
中川 仁志他
65歳未満の閉経後女性における
歯科用パノラマX線写真による
骨粗鬆症スクリーニングの有用性
p35-37
田口  明他
歯科用X線写真による骨粗鬆症スクリーニングに
関する多国間国際共同研究
−スクリーニング指標の適合度に影響する判定者の
背景因子について−
p38-40
田口  明他
骨粗鬆症と地域連携
−骨粗鬆症管理・地域連携外来クリニカルパスを
用いた試み−
p41-44
大澤  稔他
婦人科悪性腫瘍治療を行った若年者に対する
骨粗鬆症予防と治療
p45-47
野村 可之他
当科更年期外来における骨量減少/骨粗鬆症に対する
ホルモン補充療法の現状
−WHIの中間報告から3年を経過して−
p48-49
牧田 和也他
若年女性における骨代謝マーカーおよび
破骨細胞調節因子の日内・月内変動について
p50-52
吉田 真弓他
アレンドロネートの治療反応性についての検討 p53-56
原  洋子他
ビスフォスフォネート製剤による骨粗鬆症治療時の
骨量増加効果と骨代謝マーカーの変動に関する検討
p57-58
大石  曜他
塩酸ラロキシフェンが骨・脂質代謝と内分泌系に
及ぼす作用の検討
p59-63
上村 浩一他
閉経後女性におけるラロキシフェンの
脂質代謝に対する影響に関する検討
p64-67
田中 義弘他
選択的エストロゲン受容体モジュレーターの
血液凝固線溶系への影響についての検討
p68-70
樋口  毅他
前治療としてのHRTの有無が閉経後女性に対する
塩酸ラロキシフェン治療の短期継続率,
更年期障害に対する影響−最終報告−
p71-74
新谷 雅史他
当科における塩酸ラロキシフェンの使用状況 p75-76
古謝将一郎他
塩酸ラロキシフェンの効果と安全性についての検討 p77-79
藤野 敬史他
ホルモン補充療法からラロキシフェンへの変更が
骨代謝マーカーに与える影響に関する検討
p80-82
新谷 雅史他
閉経後早期女性におけるラロキシフェンの
骨代謝回転改善効果の検討
−予防療法介入へ向けて−
p83-86
吉田  顕
塩酸ラロキシフェンの効果判定には
骨代謝マーカーが有用である
p87-91
倉澤健太郎他
ラロキシフェン・活性型ビタミンD併用の骨代謝,
カルシウム代謝に対する影響
p92-95
五來 逸雄他
第4回骨粗鬆症QOLフォーラム
大腿骨頸部骨折後のADL,およびQOLにおける
在宅リハビリテーションメニューの介入効果の検討
p101-103
石橋 英明他
関節リウマチにおいて,骨密度が
人工膝関節置換術前後のQOLに与える
影響についての検討
p104-106
藤澤 純一他
地域における骨粗鬆症患者QOL評価簡略質問表
(Mini-JOQOL)の使用経験
p107-109
山本 智章他
多変量解析によるJOQOLのドメイン別解析の試み p110-112
田中  清他
骨粗鬆症のQOLと医療経済 p113-117
池田 俊也
骨粗鬆症患者の心理的側面からみたQOL p118-121
東 ますみ
脊椎骨折,大腿骨頸部骨折の日常生活動作,
QOLへの影響
p122-125
藤原佐枝子
第12回近畿骨粗鬆症研究会
アレンドロネートとビタミンK併用時の
血中gluおよびglaオステオカルシンの変動
P129-130
平尾  眞他
骨粗鬆症検査に関する臨床的検討 P131-134
横井 英之他
2型糖尿病閉経後女性における骨密度と
内臓脂肪の関係
−DXAとpQCTを用いた検討
P135-137
陳  慶祥他
ステロイド性骨粗鬆症への取り組み P138-141
池田 光正他
長期ビスホスホネート投与患者の現状
−アンケートによる服薬状況調査の結果より−
P142-148
正木 秀樹他
この症例に対して骨粗鬆症の予防的薬物療法を
開始しますか?
−クイズ形式5問のアンケート調査272名の結果−
P149
小松 将三
第6回埼玉医科大学骨代謝研究会
ビスフォスフォネートを処方する際の逆流性食道炎に対するリスクの回避
−QUESTスコアの有用性−
P153-156
宮島  剛他
多発骨折を呈し,悪性腫瘍の骨転移との鑑別が
問題となった胃切除後骨粗鬆症の1例
P157-160
角田 清子他
拡散強調画像を用いたMRIによる圧迫骨折の
質的診断の有用性の検討
P161-162
小澤 栄人他
骨粗鬆症・変形性関節症における画像診断の
最近の進歩
P163-165
伊東 昌子
第5回神奈川骨粗鬆症治療フォーラム
骨粗鬆症治療薬の服薬指導 P171-172
井手 若奈
病院の立場から
−人間ドック受診者における骨粗鬆症への 関心・意識−
P173-174
五十嵐俊久
診療所の立場から
−実地臨床における骨粗鬆症治療報告−
P175-176
柴田 宏明
骨粗鬆症の最新の話題 P177-178
折茂  肇
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
市中病院におけるラロキシフェンと
リセドロネートの服薬継続に及ぼす影響
P181-188
井上  裕他
エルカトニンとリセドロネートの
骨密度に対する併用効果についての検討
P189-196
山屋 彰男他