Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン バックナンバー■
2005年 4号
骨粗鬆症の病型分類の考え方−Back to Albright− p5-11
吉村 典子他
(東京大学大学院医学系研究科関節疾患総合研究講座)
特別寄稿
ステロイド性骨粗鬆症の治療における活性型ビタミンD3の位置付け p13-20
西沢 良記
(大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌
病態内科学)
日本骨粗鬆症学会 平成16年度研究奨励賞
骨粗鬆症患者のQOLに対する脊柱可動性と筋力の影響 p23-26
宮腰 尚久他
(秋田大学医学部神経運動器学講座整形外科学分野)
骨粗鬆症患者腰椎における高解像度3D−CTによる骨梁構造解析
−骨粗鬆症患者の「骨質」は診断できるのか?−
p27-31
今井 晋二他
(滋賀医科大学リハビリテーション部)
関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis:RA)の全身性骨粗鬆症における T細胞の役割 p32-38
小竹  茂
(東京女子医科大学膠原病
リウマチ痛風センター)
ステロイドX受容体(SXR)を介する骨粗鬆症治療薬の新しい作用機構 p39-43
井上  聡
(東京大学大学院医学系研究科
加齢医学講座)
定量的超音波法(QUS)による骨粗鬆症性骨折リスクの予知に関する 研究(報告) p44-48
福永 仁夫他
(川崎医科大学放射線科(核医学))
日本骨粗鬆症学会 第5回旭化成学術振興賞受賞にあたって
この1年間の骨粗鬆症研究の概要と今後の方向性 p51-56
太田 博明
(東京女子医科大学産婦人科学教室)
この1年間の骨粗鬆症研究の概要と今後の方向性 p57-60
高岡 邦夫
(大阪市立大学大学院医学研究科
整形外科学)
日本骨粗鬆症学会 教育講座 
QOLを高めるための続発性骨粗鬆症の管理シリーズ(4)
栄養・食餌性因子と骨粗鬆症神経性食欲不振症に
合併した骨粗鬆症
p61-64
堀田 眞理
(政策研究大学院大学保健管理センター)
第12回(平成16年度)財団法人骨粗鬆症財団 研究助成に関する成果報告
骨代謝マーカーによる骨粗鬆症および骨粗鬆症性骨折の予測(報告) P69-76
吉村 典子他
(東京大学大学院医学系研究科
関節疾患総合研究講座)
QOLからみた骨粗鬆症の疾患特性 P77-80
田中  清
(京都女子大学家政学部食物栄養学科)
閉経に伴う顎骨の変化と歯科インプラント治療 P81-85
春日井昇平
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学分野)
骨組織共存下における関節リウマチ滑膜細胞の破骨細胞への分化・誘導と骨破壊機序の解明 P86-90
永島 正一
(日本医科大学リウマチ科)
女性の骨量増加に対するミネラル摂取量とビタミンD受容体遺伝子多型との相互作用−陰膳法(Duplicate Portion Sampling)を用いて− P91-93
中村 和利
(新潟大学大学院医歯学総合研究科
地域予防医学講座社会・環境医学分野)
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
ビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3の併用療法が 骨粗鬆性脊椎に及ぼす力学的効果 −第1報− P97-101
村上 英樹他
(金沢大学医学部整形外科)
The Timing of the Maximum Rate of Increase
Quantitative Ultrasound Parameters in the
Calcaneus in Japanese Pubertal Girls
P103-113
磯 智香子
(東京工業大学大学院社会理工学研究科)