Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
映像作品
■オステオポローシス・ジャパン バックナンバー■
2004年 4号
日本骨粗鬆症学会 平成15年度研究奨励賞
骨粗鬆症に伴う大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折
―その概念の確立と啓発―
p7-11
山本 卓明他
(九州大学医学部整形外科)
骨粗鬆症治療の口腔への影響:
歯の喪失に関連する 歯周病との関係
第1報 閉経後骨粗鬆症患者の下顎骨骨粗鬆化,
骨梁パターンと歯周病罹患状況
p12-17
稲垣 幸司他
(愛知学院大学歯学部歯科保存学第三講座)
骨代謝回転に応じた骨基質の微細構造変化と
骨原性細胞の分化
p18-22
網塚 憲生他
(新潟大学大学院医歯学総合研究科
顎顔面解剖学分野)
ビタミンD,Kおよびカルシウムの栄養状態と
骨粗鬆症性骨折に関するコホート研究
―村松町の地域高齢女性1000人を対象として―
p23-24
中村 和利
(新潟大学大学院医歯学総合研究科)
骨質評価法としての骨石灰化度測定
―イヌ肋骨皮質骨における解析―
p25-29
真柴  賛他
(香川大学医学部整形外科)
日本骨粗鬆症学会 第4回旭化成学術振興賞受賞にあたって
この1年間の骨粗鬆症研究の概要と今後の方向性 p33-37
岡野登志夫
(神戸薬科大学衛生化学研究室)
この1年間の骨粗鬆症への取り組みの概要と
今後の方向性
p38−42
三木 隆己
(大阪市立大学大学院
医学研究科老年内科学)
日本骨粗鬆症学会 教育講座 QOLを高めるための続発性骨粗鬆症の管理シリーズ
慢性肝疾患と骨粗鬆症 p45-48
塩見  進
(大阪市立大学大学院医学研究科核医学)
第11回(平成15年度)財団法人骨粗鬆症財団 研究助成に関する成果報告 
若年女性における各種栄養摂取量・身体活動量・
リスクファクターと骨密度に関する研究
p53-58
太田 博明他
(東京女子医科大学産婦人科学教室)
骨粗鬆症治療薬物のヒト骨微細構造に対する薬効判定
―高分解能CTを用いたin vivoでの骨質評価―
p59-61
馬渡 太郎他
(九州大学大学院医学研究院
整形外科学教室)
地域集団における高peak bone mass 値を達成する
小児期ライフスタイルならびに生活環境条件に関する
社会医学的研究
p62-65
高野 健人他
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科健康推進医学分野)
骨粗鬆症の発症と進展における 女性ホルモンと
男性ホルモンの関係
―エストロゲン合成酵素遺伝子欠損マウスを
用いた 解析―
p66-72
宮浦 千里
(東京農工大学工学部生命工学科)
骨粗鬆症診断用コンパクトMRIの開発 p73-76
巨瀬 勝美他
(筑波大学数理物質科学研究科)
フィールド調査における若年女性の骨密度の個人差と
筋量,筋力および生活習慣の関係
p77-81
佐藤 広徳他
(広島工業大学
工学部知的情報システム工学科)
特別寄稿
骨代謝改善薬(主として骨粗鬆症治療薬)の開発状況 p83-87
三木 隆己
(大阪市立大学大学院
医学研究科老年内科学)
2004年世界骨粗鬆症学会に出席して
―IOF World Congress on Osteoporosis 2004―
p89-91
森井 浩世
(日本骨粗鬆症学会理事長)
REPORT
転倒骨折予防の現状は今
医療・看護・介護の連携を目指して
P92-94
CONTRIBUTION 骨粗鬆症の診断と治療
カルシトニン長期使用例の骨密度変化について P97-102
井上 旬二
(白根健生病院整形外科)
Gender-and Age-Related Changes of
Quantitative Ultrasound Measurement in the
Japanese Young People Population
P103-109
Kan-ichi Mimura
(Department of Physical Education, Osaka University of Education)