Therapeutic research online

学会速報をはじめ最新の治療エビデンスをタイムリーに紹介します。

JPT On-line

月刊「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する情報を提供するページです。

Jpop-VOICE
がんと向き合うアンケート
統合失調症と向き合うアンケート

映像作品

■映像作品■

2004年度作品

第45回科学技術映像祭 医学部門最優秀賞作品/文部科学大臣賞受賞

TVドキュメント 46分
企画・制作:ライフサイエンス出版

「生命への警鐘 米国フラミンガム町からのメッセージ」
生命への警鐘

日本の子どもたちのからだに,大きな異変が起きています。 過去40年間,血清コレステロール値は上昇を続け,既にアメリカのそれを抜き去るまでになっています。 このままでは20年後,日本における循環器病の患者数は急増し,平均寿命は7年以上縮まるとの試算もあります。

コレステロール値を増加させる原因は,どこにあるのでしょうか。

この番組は,子どもたちの血管を蝕みつつある 現代の生活スタイルへの警鐘として制作されました。 私たちは,かつてアメリカ人を国民病とも言われた心血管病から見事に立ち直らせた 国家プロジェクト “フラミンガム心臓研究”の中に,その解決方針を見出そうとしました。 番組中で日米の専門家がこぞって口にするのは,「脂質中心の過量な食事を抑え,摂取量に見合った運動を行う。 この単純な生活習慣を守りさえすれば,糖尿病をはじめとする心臓や血管の病気の多くを予防することが出来る」 と言うメッセージです。

「私たちの子どもや孫を健康上の危機から救うためにも,いまわれわれがこのメッセージを実行すべき時にある」 制作関係者一同が番組に寄せる思いです。

10年前,それまで上昇を続けていた日本人の総コレステロール値がついにアメリカと並び, 子どものコレステロール値はアメリカを上回ってしまっていることは,意外と知られていません。 日本の0〜19歳の平均コレステロール値は,1960年が159mg/dl, 1990年が170mg/dl, 2000年が183mg/dlと着実に増えています。 これは,ひとつには日本の子どもたちの食生活が, 大人に比べて脂肪分の多いものに変わってきたためです。 厚生労働省の基準では,摂取カロリーに占める脂肪分は25%が好ましいとされていますが, 若年層ではこれを超え,アメリカと同じ30%に達しています。 また生活様式の変化による運動不足が,この状況を助長していることも見過ごせません。

日本人の動脈硬化は現在ではそれほど多くは見られませんが,このままの状態が続くかぎり, 子どもたちが発症年齢に達する20〜30年後には,重大な局面を迎えるであろうことは確実視されています。 私達は子どもや子孫をこの危機から救うため,草の根的な啓発活動を始めなければなりません。

寺本民生氏

アメリカでは国家的プロジェクトのフラミンガム研究を通じて,一般市民と医療者が一体となり, 同じような健康上の危機を見事救った実績をもっています。 日本にも,フラミンガム研究を手本とすべき状況が到来したのだと思います。 この番組によって,多くの方に危機の実態を知っていただきたいと思います。

(監修者/帝京大学医学部内科教授 寺本民生)

取材を終えて
 「このままでは日本人の血管が危機に瀕する可能性があります。 私たちはTV番組を通じて,この問題を取り上げたいと思います。フラミンガム研究を手本としながら。」

こちらからの取材申し入れに,米国のフラミンガム研究機構はいともあっさりと協力を約束してくれ, スタッフを喜ばせると同時に少しばかり拍子抜けさせました。 それと言うのも,この世界的に有名な研究所は,これまで海外からの取材は勿論のこと, 国内メディアに対しても内部情報の漏出を厳しく制限してきたからです。 不用意な情報公開によって研究にバイアスがかかったり, 参加者のプライバシーが侵されることによって研究運営に支障が生じるのを避けなくてはならないからです。 ガードの固さで鳴る同研究所が今回の取材目的に共感してくれたことで, 改めて私たちは,彼らの循環器疾患予防にかける強い意気込みを感じることが出来ました。

テレビカメラに向かって歯切れ良い私見を述べてくれたKannel博士,Castelli博士,Levy博士らの歴代ディレクターたち。ふだんは決してメディアに日常の姿を曝すことのない老若の参加市民たち。そして参加者たちが脱落せぬよう支え続けてきた陰の推進役コーディネーターたち。
予備調査を含め,約1ヵ月間にわたる取材から私たちが肌で感じとったことは, 子孫のために数十年間地道なルーチンワークを続けてきた医師や研究者たちの忍耐力と, 進んで研究に参加してきた市民たちの圧倒されんばかりのプライド, そして彼らによって支えられてきたこの偉大な国家プロジェクトに対する畏敬の念でした。

残念ながら,番組では取材内容の1割程度しかお伝えすることが出来ません。 詳細は書籍『世界の心臓を救った街−フラミンガム研究の55年(小社刊)』を手にとっていただければ幸いです。

(プロデューサー/ライフサイエンス出版 武原信正)

キャスト・スタッフ
ナレーター:
星野知子

構 成:
石田裕之

取 材:
吉川宣顕/牛島俊郎

製作補:
山口ちとせ

コーディネーター:
Mary Mosley/近藤羽良

制作協力:
The Framingham Heart Study
Framingham Cardiovascular Institute
Framingham Fuller Middle School
Framingham Historical Society
Boston University School of Medicine
愛媛大学医学部/松山市教育委員会
松山市立味酒小学校/鴨川市健康管理課

監 修:
水嶋春朔/別府文隆

監 修:
帝京大学医学部内科教授 寺本民生

制作統括:
武原信正/定村武士

企画制作:
ライフサイエンス出版株式会社

協 賛:
塩野義製薬株式会社

2003年度作品2へ
2004年度作品へ